SNS社会の影響力

Nature News(30, Nov. 2020)によると,AIがタンパク質の折り畳まれる状態を精度良く予測できるようになったそうです。

タンパク質は,様々なアミノ酸がペプチド結合で連なったものが,それぞれ固有の折り畳まれた構造を作っていて,どのように連なっているかと同時に,どのように折り畳まれているかが,タンパク質の性質を決める鍵となっているようです。

天文学的な可能性があるタンパク質構造を,従来に比べ飛躍的な精度で予測できるとのことで,生物学,医学,製薬などの研究開発が大きく進展する可能性がありそうです。AIの進歩に関連しては,材料開発においても急速な発展があるようです(例えば,日経電子版, 2021/01/22)。

   続きを読む   

この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 先延ばし(procrastination) 井筒 雅之 2021年05月12日
    • AIバイアス問題 井筒 雅之 2021年04月05日
    • 格差と分断 井筒雅之 2021年02月05日
    • 課題山積,2021 年 井筒雅之 2021年01月01日
    • まずは地熱発電から 井筒雅之 2020年12月01日
    • 日本の学術の未来を憂う 井筒雅之 2020年11月09日
    • 気象観測にもっと光技術を 井筒雅之 2020年10月02日
    • 5Gの普及と光アクセス網の整備 井筒雅之 2020年09月01日