5Gの普及と光アクセス網の整備

本文をしたためている2020年8月の第1週現在も,コロナの猛威は収まる気配がありません。本稿が皆様のお目に触れるのは9月初め。お盆の時期が過ぎたあとですし,事態がどの様に進んでいることかと,気に掛かります。

つい最近,総務省は2020年度の情報通信白書を公開しました。ざっと目を通しましたが力作です。まず初めに書かれているのは,矢張りコロナ禍に係わる文言です。

つづいて中心となっているのは5G関連の現状や課題。我が国が大きく出遅れているディジタル対応,ウィズコロナ/アフターコロナ社会では5Gを活用したサイバー・フィジカル融合に弾みが付いて,通信だけでなくAIやロボティクス関連も含めて社会改革が進み,より暮らしやすい国になれば良いのにと思います。

   続きを読む   

この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 先延ばし(procrastination) 井筒 雅之 2021年05月12日
    • AIバイアス問題 井筒 雅之 2021年04月05日
    • SNS社会の影響力 井筒雅之 2021年03月17日
    • 格差と分断 井筒雅之 2021年02月05日
    • 課題山積,2021 年 井筒雅之 2021年01月01日
    • まずは地熱発電から 井筒雅之 2020年12月01日
    • 日本の学術の未来を憂う 井筒雅之 2020年11月09日
    • 気象観測にもっと光技術を 井筒雅之 2020年10月02日