情報通信を支えるオプトエレクトロニクスの役割は重要

50年ほど前に,アルビン・トフラーは情報化社会の到来を予言しました。「第3の波」の出版は丁度40年前。その中で,小氷期の終了(1万年ほど前)と共に農業革命が起こり,200年ほど前には蒸気機関の開発・普及などに伴って産業革命が広がり,そしてこれからの社会には第3の波,情報革命の波,が押し寄せる,と唱えました。

これによって生じると予言された様々な変革の一つに,「情報革命によって,人々は,時間的・空間的拘束から解放される」があります。人々は,学校や工場,職場など,決められた時間,決められた場所に集まって,勉強したり作業したりする必要がなくなる(あるいは,必要が小さくなる)ということです。

今回のコロナ禍を契機に,非常に遅ればせながら,時間的・空間的拘束からの解放(の感触)を,実体験されておられる方も多いのではないかと思います。

ただ,新聞などを見ていると,日本の学校のデジタル対応は世界から20年近く遅れている,とのことで,授業中のデジタル機器の利活用は,この10年来,OECD加盟国の中で最低水準だそうです。

 
   続きを読む   

この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 先延ばし(procrastination) 井筒 雅之 2021年05月12日
    • AIバイアス問題 井筒 雅之 2021年04月05日
    • SNS社会の影響力 井筒雅之 2021年03月17日
    • 格差と分断 井筒雅之 2021年02月05日
    • 課題山積,2021 年 井筒雅之 2021年01月01日
    • まずは地熱発電から 井筒雅之 2020年12月01日
    • 日本の学術の未来を憂う 井筒雅之 2020年11月09日
    • 気象観測にもっと光技術を 井筒雅之 2020年10月02日