基礎研究にも,もっと光を

光産業関連のメールニュースOptical connections,May 7,2019に,今年は光トランシーバーの世界市場,年平均成長率14%を取り戻せれば良いけれど,と,弱気な記事が出ていたのですが,同じメールニュース,June 20,2019では,日本における光装置関連支出,2019年・第1四半期,が前年比年率換算82%の増加だったと日本市場の好調さを伝えていましたし,つづいての記事では,2018年のクラウド・コロケーション関連の光装置への支出が全世界で14億USDを越え,2017年に比べ50%の増加であったと書かれていました。

英国における光関連先端産業の状況も非常に好調との記事(May 20,2019)もあります。国際情勢,本文を書いている時点では,政治的には全く混沌としていて,ちょっと危険な状況にも感じられますが,少なくとも光関連産業は活況にある,という事のようです。

一方,Physics Today,May,2019には,米国の基礎研究はひどい逆境だとのコメントが出ています。従来,PhysicsTodayには,毎年春になるとその年の米国政府の研究予算に関する記事が出ていたのに,この1~2年,掲載されていないのも気に掛かります。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 日本の未来に立ちはだかるエネルギー問題 井筒 雅之 2024年06月11日
    • 光業界に求む,チャレンジ精神 井筒 雅之 2024年05月10日
    • 新たな通信サービスの可能性 井筒 雅之 2024年04月11日
    • AIチップ需給拡大で動き出す半導体産業 井筒 雅之 2024年03月12日
    • レジリエントな通信システムの構築を目指して 井筒 雅之 2024年02月12日
    • 「新しい社会への変革」が動き出す鍵となるのは? 井筒 雅之 2024年01月10日
    • フローする情報と分極化する社会 井筒 雅之 2023年12月11日
    • 衛星コンステレーションの活用と次世代通信の行方 井筒 雅之 2023年11月10日