光メタサーフェスの可能性を探る

光メタサーフェスが注目を集めています。基板表面にナノサイズの微細な構造を作り込んで,入ってきた光波を様々に変形したり操作したりするものです。Optics&PhotonicsNews,Dec.2018には,2018年の注目光技術として30のテーマが取り上げられ,各テーマを1ページにまとめて紹介しています。

興味深い研究ばかりなのですが,その中の2つが光メタサーフェス関連です。一つは,スペクトルを2次元表示する分光板です。基板表面に,異なる波長の光に共鳴する微少光共振器を並べておいて,照射された光を各共振器に一度にエバネッセント結合させると,表面増強ラマン分光や赤外線分光特性により共鳴状態に違いが生じ,スペクトルが2次元表示されます。もう一つは,結晶シリコン材料を用いた超広開口数メタレンズです。大気中で,NA=0.98,油浸では,NA=1.48が得られているとのことです。

20年ほど前にマイクロ波やミリ波を扱うためのメタマテリアルがデモンストレーションされました。また,誘電体板上の金属薄膜をさまざまなかたちに形成することで,電磁波に対する特異な透過や反射特性を持たせることができるものとして,メタサーフェスはそれ以前から知られていたようで,現在では,モバイル端末などの狭小な部分に組み込むアンテナや反射板にその考え方が既に取り込まれているようです。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 光業界に求む,チャレンジ精神 井筒 雅之 2024年05月10日
    • 新たな通信サービスの可能性 井筒 雅之 2024年04月11日
    • AIチップ需給拡大で動き出す半導体産業 井筒 雅之 2024年03月12日
    • レジリエントな通信システムの構築を目指して 井筒 雅之 2024年02月12日
    • 「新しい社会への変革」が動き出す鍵となるのは? 井筒 雅之 2024年01月10日
    • フローする情報と分極化する社会 井筒 雅之 2023年12月11日
    • 衛星コンステレーションの活用と次世代通信の行方 井筒 雅之 2023年11月10日
    • 巨大企業の社会的影響力 井筒 雅之 2023年10月10日