光遺伝学と脳研究

記憶の書き換えは,シュワルツネッガー主演の映画「トータルリコール」や,士郎正宗のコミック「攻殻機動隊」などで主要テーマでした。人体を構成する分子や原子は常に新陳代謝して,数年で全て置き換わってしまうのだそうですが,記憶は徐々に蓄積され,朝起きても昨日の自分を引き継いで自分を続けることが出来ます。何10年か前の自分を思い出してみても,今の自分といろいろ違う所があるとは云え(たとえ今は髪の毛が薄くなりお腹がたるんできていても)一つながりの同じ自分であることには疑いを持ちません。記憶と人格は密接に関係していて,大きく書き換えられてしまうと別人格の人間になってしまうでしょう。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 日本の未来に立ちはだかるエネルギー問題 井筒 雅之 2024年06月11日
    • 光業界に求む,チャレンジ精神 井筒 雅之 2024年05月10日
    • 新たな通信サービスの可能性 井筒 雅之 2024年04月11日
    • AIチップ需給拡大で動き出す半導体産業 井筒 雅之 2024年03月12日
    • レジリエントな通信システムの構築を目指して 井筒 雅之 2024年02月12日
    • 「新しい社会への変革」が動き出す鍵となるのは? 井筒 雅之 2024年01月10日
    • フローする情報と分極化する社会 井筒 雅之 2023年12月11日
    • 衛星コンステレーションの活用と次世代通信の行方 井筒 雅之 2023年11月10日