カロリック説とランフォード伯


近年は地球温暖化の課題がクローズアップされていますが,“熱”を活用したことが原動力となって展開された産業革命の延長線上に顕在化してきたとも言えるでし ょう。そんな産業革命が起きた頃に多くの科学者に投げ掛けたテーマが“熱”の本質追及でした。今回はそんな話題です。

温度や熱などは日常生活に関わる身近なものですが,科学的に明確になるまでには多くの時間を要し,様々な展開が繰り広げられてきました。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 地熱発電 鴫原 正義 2024年02月12日
    • 箏と八橋検校 鴫原 正義 2024年01月15日
    • クリスマスカード 鴫原 正義 2023年12月07日
    • セルフレジ(セルフチェックアウトシステム) 鴫原 正義 2023年11月06日
    • サイコロの功績 鴫原 正義 2023年10月05日
    • 楕円の魅力と不思議 鴫原 正義 2023年09月22日
    • 創刊500号に因む知財の話題 鴫原 正義 2023年09月22日
    • 平均律 熟成考房舎 鴫原 正義 2023年08月22日