佐久間象山の創作

今年の大河ドラマでは,江戸時代末期から西洋の文化や流儀を積極的に導入した偉人が主役となっていますが,それ以前にも鎖国状態にありながら多くの西洋の情報が入り込んでいました。そして,科学や技術に興味や好奇心を持った多くの人達がいました。

平賀源内(1728-1780)然り,杉田玄白(1733-1817),高野長英(1804-1850)等々,名を上げればキリがありません。又,多くの創造的な活動をしていた佐久間象山(1811-1864)もそのひとりです。今回は象山の創作・考案を追ってみました。

   続きを読む   


この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • スポーツと先端技術 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年11月05日
    • 感性工学の世界 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年10月06日
    • タカラトミーの玩具 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年09月07日
    • 氷とかき氷 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年08月01日
    • 商標から見る“コロナ” 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年07月07日
    • 宇宙での特許 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年05月12日
    • 漆の技術 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年04月05日
    • 印章と電子署名 熟成考房舎 鴫原正義 2021年03月17日