メンデルとナップ

patent_110_02

グレゴール・ヨハン・メンデル(1822−1884)は,“ドップラー効果”で知られるクリスチャン・ドップラー(1803−1853)から物理学を学び,根気強い実験結果を基に統計学的な手法により偉大な法則発見に至るのですが,当時は誰からも評価されなかったのです。今回はそんな周辺を見てみました。

メンデルは,当時のオーストリア帝国のシレジア地方(現在のチェコ)で小作の農家に生まれています。村の小学校では非常に優秀な成績でしたが,貧しい家の生計を助ける為に教師になろうと決心し,少し離れたギムナジウムに進学します。数学や物理の世界に興味を持ちながら熱心に学んでいます。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • オペラ 熟成考房舎 鴫原 正義 2022年01月05日
    • ウーバライゼーション 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年12月13日
    • スポーツと先端技術 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年11月05日
    • 感性工学の世界 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年10月06日
    • タカラトミーの玩具 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年09月07日
    • 氷とかき氷 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年08月01日
    • 商標から見る“コロナ” 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年07月07日
    • 佐久間象山の創作 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年06月22日