分子の自己組織化を用いた機能性色素の創製と発光性センサー材料の開発

1. はじめに

近年,エネルギー変換材料への応用を志向した機能性色素の開発が益々注目を集めており,有機エレクトロルミネッセンス発光体,色素増感太陽電池,色素レーザー,農園芸用波長変換材料,セキュリティインク,バイオイメージング材料などの最先端科学での需要が高まっている1)。有機化合物からなる機能性色素は,ほぼ無限の分子設計が可能なことに大きな強みを持ち,計算化学(コンピュータを用いた性質予測)と有機合成化学との融合により,所望の性質を持つ機能性色素の創製が可能となりつつある。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 化学気相成長による軽元素系無機蛍光体の薄膜プロセス (国研)産業技術総合研究所 且井 宏和 2021年04月15日
    • 金属微細構造作製技術とプラズモニクス応用 静岡大学 小野 篤史 2021年03月10日
    • Mie共鳴により発色するナノ粒子カラーインクの創製 神戸大学 杉本 泰 2021年02月03日
    • テラヘルツドップラ測定に基づく非接触心拍計測の試み 慶應義塾大学 門内 靖明 2021年01月01日
    • 自然な光を用いる瞬間カラー多重ホログラフィーと蛍光顕微鏡応用 (国研)情報通信研究機構 田原 樹 2020年12月01日
    • 高解像蓄光イメージングを可能にする高輝度長寿命室温りん光分子 電気通信大学 平田 修造 2020年11月09日
    • ガラス構造設計に基づく光機能ガラスの開発 (国研)産業技術総合研究所 篠崎 健二 2020年10月02日
    • 印刷技術を用いたナノフォトニクスデバイス作製と高感度バイオセンサ開発 大阪府立大学 遠藤達郎 2020年09月01日