カルコゲン化合物を用いた中赤外波長可変コヒーレント光源

参考文献
1)N, Sugimoto, N. Sims, K. P. Chan and D. K. Killinger: “Eyesafe 2.1-μm Ho lidar for measuring atmospheric density profiles,” Opt. Lett., 15 (1990) 302-304.
2)P. F. Ambrico, A. Amodeo, P. D. Girolamo, and N. Spinelli, “Sensitivity analysis of differential absorption lidar measurements in the mid-infrared region,” Appl. Opt., 39, 6847 (2000).
3)Y. Fukami and K. Awazu, “The Thermal Dissociation of Cholesterol Esters using a 5.75-_m-Free Electron Laser,” Jpn. J. Appl. Phys., 42, 3716 (2003).
4)K. Matsuoka, “Ho:YAG laser in the treatment of urolithiasis” JJSLSM., 29, 393 (2009).
5)T. Lin, A. Aoki, N. Saito, M. Yumoto, S. Nakajima, K. Nagasaka, S. Ichinose, K. Mizutani, S. Wada, and Y. Izumi, “Dental Hard Tissue Ablation Using Mid-Infrared Tunable Nanosecond Pulsed Cr:CdSe Laser,” Lasers Surg. Med. (2016) (in printed)
6)N. Saito, M. Kato, S. Wada, and H. Tashiro, Opt. Lett. 31, 2024 (2006).
7)C. Erny, K. Moutzouris, J. Biegert, D. Kühlke, F. Adler, A. Leitenstorfer, and U. Keller, Opt. Lett., 32, 1138 (2007).
8)E. Lippert, G. Rustad, G. Arisholm, and K. Stenersen, Opt. Express, 16, 13878 (2008).
9)K. Miyamoto and H. Ito, Opt. Lett., 32, 274 (2007).
10)R. H. Page, K. I. Schaffers, L. D. DeLoach, G. D. Wilke, F. D. Patel, J. B. Tassano, S. A. Payne, W. F. Krupke, K.-T. Chen, and A. Burger, IEEE J. Quantum Electron. 33, 609 (1997).
11)T. J. Carrig, J. Electron. Mater. 31, 759-769 (2002).
12)S. Mirov, V. Fedorov, D. Martyshkin, D. Martyshkin, M. Mirov, and S. Vasilev, IEEE J. Sel. Top. Quantum Electron, 21, 1601719 (2015).
13)S. Mirov, V. Fedorov, D. Martyshkin, D. Martyshkin, and C. Kim, Laser & Photon. Rev., 4, 21 (2010).
14)M. Yumoto, N. Saito, Y. Urata, and S. Wada, IEEE J. Sel. Top. Quantum Electron, 21, 1601305 (2015).
15)I. C. Chang, Appl. Phys. Lett. 25, 370372 (1974).
16)I. C. Chang, Opt. Eng. 20, 824-829 (1981).
17)V. I. Levechenko, V. N. Yakimovich, L. I. Postnova, V. I. Konstantinov, V. P. Mikhailov, and N. V. Kuleshov, J. Cryst. Growth 198/199, 980-983 (1999).
18)J. O. Ndap, K. Chattopadhyay, O. O. Adetunji, D. E. Zelmon, and A. Burger, J. Cryst. Growth 240, 176-184 (2002).
19)S. Wada, K. Akagawa, and H. Tashiro, Opt. Lett. 21, 731-733 (1996).

20)M. Yumoto, Y. Maeda, N. Saito, T. Ogawa, M. Yamashita, and S. Wada, Jpn. J. Appl. Phys. 47, 8411-8415 (2008).

■Mid-infrared tunable coherent light sources using chalcogenide laser medium
■Masaki Yumoto

■Photonics control technology team, RIKEN Center for Advanced Photonics, RIKEN

ユモト マサキ

所属:国立研究開発法人理化学研究所 光量子工学研究領域 光量子制御技術開発チーム

(月刊OPTRONICS 2016年6月号)

このコーナーの研究は技術移転を目指すものが中心で,実用化に向けた共同研究パートナーを求めています。掲載した研究に興味があり,執筆者とコンタクトを希望される方は編集部までご連絡ください。
また,このコーナーへの掲載を希望する研究をお持ちの若手研究者注)も随時募集しております。こちらもご連絡をお待ちしております。
月刊OPTRONICS編集部メールアドレス:editor@optronics.co.jp
注)若手研究者とは概ね40歳くらいまでを想定していますが,まずはお問い合わせください。

同じカテゴリの連載記事

  • 組織深部を可視化する腹腔鏡用近赤外分光イメージングデバイスの開発 (国研)産業技術総合研究所 髙松利寛 2024年06月10日
  • 8の字型構造の活用による高効率円偏光発光を示す第3世代有機EL材料の開発 名古屋大学 福井識人 2024年05月07日
  • 高出力半導体テラヘルツ信号源とその応用 東京工業大学 鈴木左文 2024年04月09日
  • 半導体量子ドット薄膜により光増感した伝搬型表面プラズモンの高精度イメージング 大阪公立大学 渋田昌弘 2024年03月06日
  • 大気環境情報のレーザーセンシング技術 (国研)情報通信研究機構 青木 誠,岩井宏徳 2024年02月12日
  • 光の波長情報を検出可能なフィルタフリー波長センサの開発 豊橋技術科学大学 崔 容俊,澤田和明 2024年01月15日
  • 熱延伸技術による多機能ファイバーセンサーの新次元:生体システム解明へのアプローチ 東北大学 郭 媛元 2023年12月07日
  • 非破壊細胞診断のための新ペイント式ラマン顕微システム (国研)産業技術総合研究所 赤木祐香 2023年11月14日