関学,光触媒を用いるカルボン酸の新変換技術を開発

関西学院大学の研究グループは,原料となる一つのカルボン酸から,複数の異なる化合物をそれぞれ狙いどおりに合成できる新技術を開発した(ニュースリリース)。

従来のカルボン酸変換技術としては,電気化学による反応が知られているが,強い酸化条件を伴うため,変換に用いることができる原料化合物に制限があった。

今回,研究グループが新たに見いだした光触媒を用いた技術は,反応条件が温和であるため,分子内にカルボキシ基以外の官能基が含まれている場合でも,これらの官能基に影響を及ぼすことなくカルボキシ基のみを変換することができる。

そのため,分子内に様々な官能基を有する分子でも原料化合物として用いることができる。また,光触媒の性質と変換により得られる生成物の相関を明らかにした。これにより,目的にあった光触媒を選択することで,原料となる一つのカルボン酸から,狙いどおりに複数の異なる化合物を合成することを可能にした。

今回,研究グループが開発した新技術は,開発候補化合物の選定プロセスにおいて有用な手法を提供し,医薬や農薬における研究開発を加速できるものとしている。加えて,この変換技術は,既存の手法に比べて経済的であるため,医農薬分野の研究開発プロセスにおける基盤技術のひとつとして,幅広く用いられることが期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 阪大,排水からアンモニアを合成する光触媒を開発 2024年04月04日
  • 東工大ら,機械学習で光デバイスの材料探索支援 2024年04月01日
  • 東工大ら,可視-近赤外に反応する新規光触媒を開発 2024年03月12日
  • 北大,光触媒を用いた実用的な還元的環化反応を開発 2024年02月29日
  • 千葉大ら,厚さ1.6nmの炭化チタン膜でCO2光還元 2024年02月29日
  • 東大,活性酸素を安定に生成できる分子光触媒を開発 2024年01月30日
  • 豊技大ら,酸化亜鉛ナノパゴダアレイ光電極の開発 2023年12月18日
  • 金沢大ら,ダイヤモンド触媒でCO2を可視光で還元 2023年12月12日