マウザー,アクティブ光ケーブルアセンブリを発売

米マウザー・エレクトロニクスは,スイスTE Connectivity(TE)の「アクティブ光ケーブルアセンブリ」の取り扱いを開始した(製品ページ)。

この製品は,従来のパッシブ銅線や新しいアクティブ銅線(ACC/AEC)ソリューションよりもケーブルの柔軟性が向上し,リーチが長くなり,軽量な相互接続で,高性能のネットワーク,ストレージ,データセンターアプリケーションをサポートする。

また,スイッチ内とスイッチ間の高速相互接続,高性能コンピューティング,人工知能(AI)と機械学習(ML)のためのサーバー間クラスタ,ルータと輸送機器,InfiniBandアプリケーションに適しているという。

さらに,広範囲のフォームファクタとデータレートに対応し,高性能な電子設計のために用途の広いソリューションを提供する。TEは,ストレートおよびブレイクアウト構成の両方で,スモール・フォームファクタ・プラガブル(SFP),クワッド・スモール・フォームファクタ・プラガブル(QSFP),クワッド・スモール・フォームファクタ・プラガブル倍密度(QSFP-DD),オクタル・スモール・フォームファクタ・プラガブル(OSFP)のアセンブリを提供する。

ケーブルアセンブリは,チャネルあたり28GNRZ,56G,112G PAM4で,25Gから800Gまでの集約データレートに対応している。広範囲のアセンブリにより,低減された消費電力とレイテンシを実現し,設置が容易で,複雑なデータセンターやネットワーキングアプリケーションを簡単に構成できるという。

さらに,低消費電力とデジタル診断機能内蔵を特徴とし,ホットプラグ可能で,RoHSに準拠しており,0℃から70℃までの商用動作ケース温度範囲に対応するとしている。

その他関連ニュース

  • SB,独自アンテナで走行車にテラヘルツ通信 2024年06月05日
  • 富士通,IOWN向け光伝送ソリューションの提供開始 2024年05月28日
  • NTT,光と無線のリアルタイム連携制御を実証 2024年05月16日
  • 京大,サブテラヘルツ帯電波伝搬シミュレータを開発 2024年05月15日
  • NTT,光ファイバを通信断なく分岐・合流施工に成功 2024年04月25日
  • NICTら,ISS-地上間で秘密鍵共有と高秘匿通信に成功 2024年04月18日
  • 古河電工,国内最多4000心光ファイバケーブルを発売 2024年04月16日
  • NTTら,米英でデータセンタ間~約100kmをAPN接続 2024年04月12日