名大,超高線量率(FLASH)陽子線の可視化に成功

名古屋大学の研究グループは,超高線量率(FLASH)陽子線の可視化に成功した(ニュースリリース)。

がん放射線治療では,いかに治療に十分な放射線をがん標的に照射しながら,周囲の正常組織の放射線被ばくを避けるかがポイントとなる。FLASH陽子線治療は,がん周辺の正常組織の障害軽減を可能にする新たな照射方法として注目されている。

一方で,従来よりも極端に高い線量率で陽子線を照射するため,治療を安全に実施するための品質保証(QA)の重要性が高まっているものの,従来の方法は線量率の影響を受けて煩雑になってしまう課題があった。

この研究では,目に見えない陽子線を可視化するため,人体に組成が近く,身近な水の発光に着目した。FLASH陽子線を照射された水からの発光を,CCDカメラを使用して撮影することで,投影画像を得ることができた。FLASH照射の発光は,従来ビームを照射したときの発光と変わらなかった。

治療を安全に実施するための品質保証の新たな方法は,線量率の大小によらず1枚の投影画像を使用することで,線量分布を簡単に測定できる利点がある。研究グループは,この方法により線量分布のリアルタイムな測定が可能となり,迅速で簡単なQAにつながると考えられ,陽子線FLASH治療のさらなる安全性の向上に役立つとしている。

その他関連ニュース

  • QSTら,レーザー光でイオン加速の最高速度を達成 2024年05月14日
  • 青学,抗がん剤に光線力学療法薬剤の可能性を発見 2024年04月11日
  • 北大ら,短波赤外蛍光イメージングの医療用色素開発 2024年04月08日
  • QSTら,レーザー光照射で高エネルギー電子線を発生 2024年03月29日
  • 藤医大,カプセル内視鏡の観察法と病変検出感度比較 2024年02月15日
  • 北大ら,赤色発光分子を活用し脳腫瘍の悪性度を解析 2024年01月26日
  • 阪大、X線天文衛星XRISMのX線CCDを開発 2024年01月10日
  • 横市大ら,光免疫療法の戦略手法を確立 2023年11月07日