NAOJ,ブラックホール合体の電磁放射モデルを構築

国立天文台(NAOJ)は,ブラックホールの合体について,宇宙のどこでどのようにして対をなし,合体に至ったのかという問いに迫る手段を提供した(ニュースリリース)。

近年,特徴的なブラックホール合体として,GW190521と名付けられた重力波イベントが報告された。このイベントでは,これまで理論的に予想されていた質量よりもブラックホールが著しく重いことに加え,合体に付随して突発的な可視光の放射が観測された。

これらの特異な特徴は,通常の環境下での合体のシナリオでは説明が難しく,天文学コミュニティではそれらしいモデルについて活発に議論が行なわれている。

研究グループは,このような特徴を説明し得る環境として,銀河の中心領域に着目した。ほとんどの銀河の中心領域には,太陽の百万倍以上の質量の超巨大ブラックホールが存在し,それらはしばしば回転する巨大ガス円盤に囲まれている。

これらの巨大ガス円盤内にはたくさんのより小さなブラックホールが存在し,それらはガスや他の天体との相互作用により,時間をかけてお互いに近づいて対をなして合体し,さらに連続した合体によって,GW190521において観測されたような重いブラックホールを形成可能であることが明らかになっている。

またこの環境では,巨大ガス円盤からブラックホールへのガスの降着によって,電磁波が放射される可能性がある。しかしながら,GW190521に付随して観測されたような可視光放射の特徴や,電磁波がブラックホール合体の後にのみ放射される過程を説明できる物理過程が分かっておらず,この光の放射の付随は偶然の一致によるものであると広く解釈されていた。

一方研究グループは,明るい電磁波の放射を作り出す過程として,ブラックホールから放出されるジェットと巨大ガス円盤内のガスとの衝突により生じる強い衝撃波からの放射に着目した。

このシナリオでは,一部のブラックホール合体事象に電磁波放射が付随することが予言される。これは,連星ブラックホールが合体するとブラックホールのスピンの向きが合体前後で変わることにより,合体後に出るジェットが再び活動銀河核の円盤と相互作用して衝撃波を形成するため。

その衝撃波が円盤表面に達すると様々な波長で観測可能な電磁波を放射する。このシナリオにより,過去に報告されている重力波イベントGW190521と電磁波の対応天体候補を説明可能であることが明らかになった。

さらにこの現象から,様々な天文学・物理学的進展が見込まれるため,研究グループは,今後の連星ブラックホール事象に対する電磁波追観測が期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 宇宙戦略基金,衛星ライダーなどの技術テーマ決定 2024年05月15日
  • NAOJら,新星がリンの主な供給源と光学観測で解明
    NAOJら,新星がリンの主な供給源と光学観測で解明 2024年05月13日
  • NHKとJAXA,火星探査機用8Kカメラを完成 2024年05月09日
  • ワープスペース,JAXAの高感度光センサーを開発 2024年05月07日
  • 名大ら,太陽フレア観測用高解像度X線望遠鏡を製作 2024年04月11日
  • 近大ら,海王星の新たな衛星を2つ発見 2024年03月26日
  • 東大,ブラックホール質量増加率が低いことを解明 2024年03月12日
  • 立教大ら,XRISMの定常運用移行と観測データ公開へ 2024年03月12日