浜ホト,耐光性能700WのLCOS-SLMを開発

浜松ホトニクスは,独自の熱設計技術を応用し放熱性能を高めることで,耐光性能を世界最高となる700Wと従来製品の約3.5倍まで高めた空間光位相変調器(Liquid Crystal On Silicon – Spatial Light Modulator:LCOS-SLM)「X15213-03CL」を開発した(ニュースリリース)。12月1日より販売を開始する。

LCOS-SLMとは,レーザーの照射パターンを自由に制御できる光学部品。液晶の傾きを制御することで入射光の通り道の長さを変えてレーザーの位相に差を生じさせることにより,照射パターンを多彩に変化させることができる。

同社は,耐光性能200WのLCOS-SLMをすでに開発,製造,販売しているが,市場からは,金属加工への応用に向け,さらなる耐光性能の向上が求められていたという。

通常,LCOS-SLMは,金属加工に用いる高出力のレーザーを入射すると液晶層の温度が上昇し,性能が低下する。このため、耐光性能を高めるには、放熱性能を向上させること
で液晶層の温度上昇を抑制する必要がある。

今回,カバーガラスに従来材料よりも熱伝導率が約30倍高いサファイアを採用することで,液晶層の熱をカバーガラスに伝えやすくした。さらに,LCOS-SLMのパッケージ内部に熱伝導率の高い充填剤を封入するとともに内部構造を最適化することで,カバーガラスの放熱効率を高めた。

この結果,LCOS-SLMの液晶層の温度上昇を抑制し,耐光性能を世界最高となる700Wまで高めることに成功した。この製品をレーザー金属加工装置に組み込み,レーザーを分岐させ多点同時加工を実現することで,生産効率を高めることができると期待されるという。

航空機部品や輸送機器部品を成型する金属3Dプリンティングや,複雑な形状の金属部材を溶接・切断するためのレーザー加工機など,加工に時間がかかる用途での大幅なタクトタイム向上が見込まれる。

同社では今後,この製品を拡販するとともに,市場の要求に対応した製品を開発していくとしている。

その他関連ニュース

  • 島津,青色半導体レーザー光源で世界最高6kWを達成 2024年05月22日
  • 京大,レーザーで超高品質な極浅構造を作成 2024年05月22日
  • 北大ら,SLMより1500倍高速な光パターン照明に成功 2024年04月09日
  • NEDO,高効率・高品質レーザー加工技術開発に着手 2024年04月05日
  • 東北大,レーザー微細加工の分解能を飛躍的に向上 2024年03月12日
  • 理研,超短パルスレーザーとエッチングで微細貫通穴作製 2024年01月12日
  • 古河電工,青色レーザーを増強したBlue-IR発振器発売 2023年09月26日
  • 阪大,フェムト秒レーザー照射後の金属内部挙動観測 2023年09月01日