santec,偏波保持光スイッチを発表

santecグループは,低挿入損失な偏波保持光スイッチ「OSX-100」を開発したと発表した(ニュースリリース)。

1250から1670nmの広い波長範囲をカバーするこの製品は,PANDA型偏波保持ファイバーで構成されている。±0.005dBの優れた再現性,23dB以上の消光比(PER),1.0dB以下の挿入損失を有しており,光コンポーネントの生産や研究開発など様々な用途で利用できるとしている。

また,最大24の切り替えチャネルのSCまたはFCコネクタで構成されるが,要望に応じてより多くのチャネル数,カスタマイズされたファイバータイプおよび波長範囲も可能だという。

この製品は,USBまたはイーサネット経由のSCPIコマンドを使用して,あらゆる評価システムに容易に組み込むことが可能で,オプションのフロントパネルタッチスクリーンを選択すると,手動での操作も可能になるとしている。

その他関連ニュース

  • NTT,光と無線のリアルタイム連携制御を実証 2024年05月16日
  • 京大,サブテラヘルツ帯電波伝搬シミュレータを開発 2024年05月15日
  • NTT,光ファイバを通信断なく分岐・合流施工に成功 2024年04月25日
  • NICTら,ISS-地上間で秘密鍵共有と高秘匿通信に成功 2024年04月18日
  • 古河電工,国内最多4000心光ファイバケーブルを発売 2024年04月16日
  • NTTら,米英でデータセンタ間~約100kmをAPN接続 2024年04月12日
  • ドコモら,サブテラヘルツ帯デバイスで100Gb/s伝送 2024年04月11日
  • NICTら,既存光ファイバの伝送容量の世界記録を達成 2024年03月29日