キヤノン,SPADセンサー搭載カメラを開発中

キヤノンは,世界最高画素数の約320万画素1.0型SPAD(Single Photon Avalanche Diode)センサーを搭載したレンズ交換式超高感度カメラ「MS-500」の開発を進めていると発表した(ニュースリリース)。

国境や港湾,空港・駅・発電所などの重要なインフラ施設においては,人の目では認識できない暗闇や遠方などの厳しい環境下でも,いち早く対象物を発見できる高度な監視システムが求められているという。

現在開発中の「MS-500」は,低ノイズを特長とする1.0型SPADセンサーを搭載し,暗闇でもフルHDの鮮明なカラー撮影が可能。加えて,超望遠撮影に優れた同社の豊富な放送用レンズとの組み合わせにより,遠方の暗所撮影においても被写体を正確に捉えることができるとし,たとえば,夜間の港湾監視において,数km先の船舶を発見するだけでなく,船体の種類の確認まで行えるなど,高度な監視を実現するとしている。

現在,カメラで広く採用されているCMOSセンサーは,ある一定時間に画素に溜まった光の量を検出する電荷集積という仕組みを採用しているが,蓄積された電気信号を読み出す際,ノイズも混在するため,特に暗所撮影において画質劣化に繋がる課題があった。

一方,このカメラに搭載するSPADセンサーは,画素に入ってきた光の粒子(光子)を数えるフォトンカウンティングを採用。画素に光子が1つでも入ると,瞬時に約100万倍に増倍して大きな電気信号を出力することができ,これら一つひとつの光子をデジタルに数えることができるため,読み出しの際にノイズが発生しない。

これにより,このカメラは,星の出ていない闇夜のような暗い環境下でも,わずかな光を正確に検出し,被写体を鮮明にカラー撮影することが可能となる。レンズマウントは,放送用レンズで主流のバヨネットマウント(BTA S-1005B規格準拠)を採用。光学性能に優れ同社の豊富な放送用レンズを活用できるため,数km先の被写体も認識可能な撮影を実現するとしている。

同社では,SPADセンサーの特長である優れた暗視性能に高い望遠性能を有する放送用レンズを組み合わせることで,高度監視用途への活用が期待されるとし,世界初のSPADセンサー搭載カメラとして,2023年中の発売を目指す。

その他関連ニュース

  • NTTSportict,スポーツ向けトラッキングカメラ開発 2024年05月17日
  • IDS,コンパクトなオートフォーカスカメラを開発 2024年02月05日
  • エビデント,顕微鏡用デジタルカメラを発売 2024年01月24日
  • 阪大ら,希少行動を撮るバイオロギングデバイス開発 2024年01月19日
  • エドモンド,防水保護のIP67等級5GigEカメラを発売 2023年12月20日
  • Basler,短波赤外カメラに画素欠陥修正機能を追加 2023年11月24日
  • ソニー,フルサイズ/グローバルシャッターミラーレス発売 2023年11月09日
  • 阪大,被写界深度の深いレンズレスカメラを開発 2023年10月11日