古河電工,デジコヒ向けNano-ITLAの帯域拡張

古河電気工業は,光デジタルコヒーレント通信に用いられるレーザー光源製品である超小型狭線幅波長可変光源(Nano-ITLA)について,従来のC-bandからの帯域拡張として,新たにSuper C-bandとL-band用途を開発し,ラインナップを拡充した(ニュースリリース)。

通信トラフィックの増加に対応するため,光デジタルコヒーレント方式による超高速伝送システムの導入が進められている。今後,5Gと比較して膨大なデータ量が必要とされるポスト5G世代のサービスの導入が期待されており,中長距離光通信網の伝送容量の増大は必要不可欠となっている。

しかしながら,高速化にともないチャンネル当たりに必要な帯域が従来の50GHz間隔から増大し,伝送可能なチャンネル数が減少してしまうため,全体の帯域を広げることが検討されていた。

今回,同社の結晶成長や精密光半導体加工といったレーザー製造技術により,導波路設計の最適化を行ない,Nano-ITLAの広帯域化を実現した。従来のC-band:191.300~196.100THz(4.8THz幅)に加えて,Super C-band:190.675~196.675THz(6THz幅),さらにL-band:186.350~190.700THz(4.35THz幅)にも対応可能。

同社はこの製品により,中長距離光通信網における超高速伝送システムの実現に貢献するとしている,

その他関連ニュース

  • NTTとKDDI,光ネットワークの標準化で基本合意 2023年03月17日
  • NICTら,19コア光ファイバで伝送容量の記録を更新 2023年03月16日
  • NTT,10空間多重光信号を空間モード多重増幅中継 2023年03月14日
  • 三菱,200Gb/s EMLチップを開発 2023年03月07日
  • KDDI,点群圧縮のリアルタイム国際標準伝送に成功 2023年03月07日
  • 香川大ら,非対称データ光通信を効率的に収容 2023年03月06日
  • 横国大ら,量子インターネットの要素技術開発に成功 2023年03月01日
  • 富士通,1.2Tb/s光伝送プラットフォームを発売 2023年02月22日