エドモンド,デュアルバンドオプティクスを発売

エドモンド・オプティクス・ジャパンは,可視光ガイドビームを使用するNd:YAGレーザー用の「デュアルバンドレーザーミラー」と「デュアルバンド反射防止(AR)レーザーウインドウ」を発売したと発表した(ニュースリリース)。

1064nmのNd:YAGビームは目に見えないため,レーザーが適切に配置されているかどうかを確認するために,多くの場合,532nmまたは635-670nmの可視光ガイドビームが用いられる。デュアルバンドオプティクスは,これら複数の波長に対応する反射防止コーティング,高いレーザー損傷閾値(LDT),散乱を低減する10-5の表面品質により,Nd:YAGシステムにとって理想的な選択肢となる。

「TECHSPEC デュアルバンドレーザーミラー」は,赤外波長と可視波長の両方で99%の反射率を実現。532nmと635-670nmのガイドビーム向けの製品をラインナップ。「TECHSPEC デュアルバンド反射防止(AR)レーザーウインドウ」は,532nmで0.25%未満,1064nmで0.1%未満の反射率を実現し,レーザーのスループットを大幅に向上させるとしている。

ミラー,ウインドウともに高精度な石英基板を使用しているため熱的安定性に優れ,実験用途にも産業用途にも適しているという。

その他関連ニュース

  • エドモンドとSCHOTT,パートナーシップ拡大 2022年11月14日
  • エドモンド,ビームスプリッターのラインナップ拡張 2022年11月14日
  • エドモンド,レーザーコート平凹レンズを発売 2022年10月11日
  • エドモンド,非球面レンズのラインナップ拡充 2022年09月05日
  • エドモンド,ステムミラーのラインナップ拡充 2022年09月05日
  • エドモンド,キネマティックマウントを拡充 2022年08月02日
  • エドモンド,EUVアト秒多層膜ミラーを発売 2022年07月04日
  • 東北大,任意に加工できるテラヘルツ光学材料開発 2022年03月10日