ローム,微発光用途向けLEDを開発

ロームは,PLC(Programmable Logic Controller)等の制御装置をはじめとするFA機器や,モデムやルーターといった通信制御機器などのインジケータ,数字表示に向けて,微発光用途に最適化した1608サイズ(1.6mm×0.8mm)LED「CSL1901シリーズ」を開発した(ニュースリリース)。サンプル価格は90円/個(税抜)。

近年,LED素子の技術進化により発光効率が飛躍的に向上し,LEDの高光度化が進んでおり,高光度化によって,隣接する発光部との干渉などを考慮しなければいけないアプリケーションでは適切な発光光度や発光波長に調整する設計が必要となり,市場では低電流域での特性に合わせ込んだLEDが求められているという。

この製品は,内作素子技術を駆使して2mAでの発光に素子特性を合わせ込んだことで,微発光時の明るさや色味といった視覚的ばらつきを低減したLED。一般的な20mA仕様のLEDを低電流で発光させると,製品ごとに明るさのばらつきや色味の変化が起こるが,この製品は一般品と比較(2mA発光時)して明るさのばらつきを約半減,色味の変化を約3nm抑制しており,発光調整の設計工数削減や,インジケータや数字表示器の視認性向上に貢献するとしている。

また,汎用性の高い1608サイズのパッケージで5色のカラーラインナップを展開しており,用途やモデル変更に対しての置き換えも容易。2022年7月より月産40万個の体制で量産を開始している。

この製品の主なアプリケーションは以下のとおり。
・FA機器(PLC等の制御装置)
・工作機械や製造機器,検査機器
・モデムやルーターなどの通信制御機器

その他関連ニュース

  • ams OSRAM,265nm/100mWの深紫外LEDを発売 2022年09月29日
  • 2030年MicroLED市場,1兆1200億円に 2022年09月08日
  • 理研ら,市販LED照明をX線放射施設で使用可能に 2022年07月04日
  • 名工大,鱗で最高発光効率のカーボンナノオニオン 2022年05月25日
  • サンケン電気,超高演色LEDデバイスを発売 2022年04月25日
  • 豊技大ら,脳に貼れるマイクロLEDアレーを開発 2022年03月22日
  • 広島大,もみ殻からシリコン量子ドットLEDを作製 2022年02月10日
  • OIST,青色ペロブスカイトLEDの安定化に成功 2022年01月25日