AGCのLow-E調光ガラス,レクサスBEVモデルに採用

AGCは,同社が開発したLow-Eコート付き調光パノラマルーフが,2022年後半にトヨタ自動車から発売されるBEV(Battery Electric Vehicle:電気自動車)専用モデル「LEXUS RZ」に採用されたと発表した(ニュースリリース)。

従来のパノラマルーフは,光を取り込み開放的な車内空間を実現する一方,日射熱や外気の影響を受けやすいことから,車内を快適に保つためにサンシェードを必要とし,暑さ寒さの問題から開放感を満喫できない課題があった。

同社が開発した車載用特殊Low-Eコート技術は,高い品質と先進性を追求するLEXUSブランドに要求される信頼性評価をクリアし,今までにない遮熱・断熱性能を実現することで,課題だった夏の暑さ・冬の寒さを大きく抑制したとする。

またシェードレス設定を可能にしたことにより,車体の軽量化やヘッドクリアランス(座席に座った際の頭頂部から天井までの距離)の確保にも寄与しているという。

さらに,2枚のガラスの間に挟み込んだフィルム中の特殊材料の分散⇔配向を電圧でコントロールすることで,調光モード⇔透過モードを瞬時に切り替え,車内の光環境を調整可能な調光タイプも用意。BEVにおいて,新しい楽しさ,快適さ,体験価値を提供するとしている。

その他関連ニュース

  • 車載ディスプレー市場,自動車生産台数を上回る期待 2022年11月22日
  • 京セラ,白色レーザーと近赤光のナイトビジョン開発 2022年10月18日
  • 2023年車用フィルム・シート市場,前年比105.8% 2022年10月11日
  • ローム,次世代コクピット向けSoC中国企業と協業 2022年07月12日
  • 東北大,感圧塗料などで車の風圧分布を瞬時に推定 2022年06月24日
  • 2035年車載イメージセンサー市場,2,900億円に 2022年06月01日
  • オンセミ,車室内分析ソフト企業と協業 2022年01月07日
  • コーニングのHUD用車載ガラス,現代が採用 2021年09月30日