古河電工,次世代小型MTフェルールを開発

古河電気工業は,高密度接続が可能な次世代の小型多心コネクタであるセンコーアドバンスの「SN-MTコネクタ」用に「小型MTフェルール」の開発・製造販売を,センコーアドバンスと協業して行なうことを発表した(ニュースリリース)。

データトラフィックの急激な増大に伴い,データセンターでは従来以上に早急な光ファイバネットワークの大容量化が求められおり,併せて,ファイバ心数の増加に伴い光接続部の高密度化が急務となっている。既存のMPOコネクタでは高密度化に限界があることから,より小型の多心コネクタによる高密度化が期待されている。

古河電気工業はセンコーアドバンスの「SN-MTコネクタ」を用いることで,従来のMPOコネクタの2.7倍以上の高密度化が可能だとし,古河電気工業が開発した8心・16心の「小型MTフェルール」のサンプル供給を4月から予定している。

「16心SN-MTコネクタ」はMTフェルールのファイバピッチを200µmとしていることから,古河電工が展開している「16心ローラブルリボン」へも適用しやすく,超多心ケーブル(3456心,6912心等)と組み合わせることで,端末を小型化したコネクタ付きケーブルを実現できるとしている。

両社はこの協業を通じて,次世代高密度接続を実現し,データセンター等における普及を促進していくという。

その他関連ニュース

  • NTT,光と無線のリアルタイム連携制御を実証 2024年05月16日
  • 京大,サブテラヘルツ帯電波伝搬シミュレータを開発 2024年05月15日
  • NTT,光ファイバを通信断なく分岐・合流施工に成功 2024年04月25日
  • NICTら,ISS-地上間で秘密鍵共有と高秘匿通信に成功 2024年04月18日
  • 古河電工,国内最多4000心光ファイバケーブルを発売 2024年04月16日
  • NTTら,米英でデータセンタ間~約100kmをAPN接続 2024年04月12日
  • ドコモら,サブテラヘルツ帯デバイスで100Gb/s伝送 2024年04月11日
  • NICTら,既存光ファイバの伝送容量の世界記録を達成 2024年03月29日