三菱ガス化学ら,人工光合成でNEDOプロに採択

三菱ケミカルを幹事会社として,三菱瓦斯化学と人工光合成化学プロセス技術研究組合(ARPChem)の3者は,新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から公募された「グリーンイノベーション基金事業/CO2等を用いたプラスチック原料製造技術開発」の研究開発項目4「アルコール類からの化学品製造技術の開発」に対して,「人工光合成型化学原料製造事業化開発」を提案し,採択された(ニュースリリース)。

この事業は,2020年12月25日に経済産業省が関係省庁と策定した「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」に示される,温暖化対策をコストや制約ではなく成長の機会と捉えることで産業構造や社会経済の変革をもたらし,「経済と環境の好循環」の実現に貢献することを目指すもの。

この事業では,カーボンニュートラル実現のため,従来のような石油資源からの原料転換をはかり,CO2を用いたプラスチック製造技術開発を推進していく。この事業は,①「グリーン水素(人工光合成)等からの化学原料製造技術の開発・実証」,②「CO2からの基礎化学品製造技術の開発・実証」の2つのサブテーマを実施する。

具体的には,①において,ARPChemを中心に光触媒技術により太陽光を用いた安価な水素製造システムを開発し,商用レベルの製造コストでグリーン水素を製造する技術の確立を目指す。また,②においてCO2と水素を原料として,高効率にメタノールを製造し,これを原料としてオレフィンを製造する技術の確立を目指す。

なお,メタノール製造プロセスに関しては,膜型反応分離プロセスの開発を三菱ケミカルと三菱瓦斯化学が共同で,オレフィン製造プロセスに関しては,革新的MTO触媒プロセスの開発を三菱ケミカルがそれぞれ実施するという。

その他関連ニュース

  • 東工大ら,貴金属フリー高効率可視光光触媒を開発 2022年09月01日
  • 東工大,色素増感型光触媒の変換効率を大幅に上昇 2022年08月22日
  • 公大ら,生体触媒で二酸化炭素からプラ原料を合成 2022年07月27日
  • 新潟大ら,世界最高の太陽光-水素変換効率を達成 2022年07月01日
  • 昭和電工のSiCウエハー技術,NEDOプロに採択 2022年05月31日
  • 東工大,鉄を使って二酸化炭素の再資源化に成功 2022年05月16日
  • DNP,人工光合成プロセス技術研究組合に参画 2022年03月01日
  • 三菱マテ,NEDOの太陽電池PJに参画 2022年02月02日