北陽電機,光データ伝送装置を発売

北陽電機は,高速・長距離を実現した光データ伝送装置の新製品「DWFシリーズ」の発売を発表した(ニュースリリース)。

昨今のECサイトの増加に伴い,物流業界の市場は拡大し,立体倉庫などの規模は従来に比べ大きくなり自動化も進んでいる。

同社では,従来から光データ伝送装置を物流業界に投入していたが,倉庫の拡充に伴った長距離タイプの要望に応えるため,今回発売するシリーズでは従来機種の伝送距離100mから200mへの長距離化を実現したとしている。

このシリーズは,100Mb/sイーサネット通信を光に変換し空間伝送することで移動体との無線通信が可能。伝送距離は200mと従来に比べ2倍に伸び,大型の立体倉庫や液晶搬送といった物流搬送装置にも適しているという。

また,可視レーザー光による光軸調整機構をオプションで用意したことで設置時の光軸調整作業を容易にできる仕組みを実現。このシリーズは2022年春からの出荷開始を予定しているという。

その他関連ニュース

  • ソニー,宇宙光通信事業を行なう新会社を設立 2022年06月07日
  • 三菱,受信方向を検出する宇宙光通信用光受信器 2022年05月31日
  • SBら,水中で1対多接続の光無線通信に成功 2022年04月25日
  • JAMSTECとトリマティス,1Gb/sで海中光通信 2022年01月26日
  • カシオとJAXA,月面開発に向け可視光通信を実験 2021年12月01日
  • SBら,自動トラッキング水中光無線技術を開発 2021年10月22日
  • NTT,IOWNを支える光アクセス網構成法を確立 2021年06月21日
  • ニコンら,360度トラッキング光無線通信技術開発 2021年03月23日