北陽電機,光データ伝送装置を発売

北陽電機は,高速・長距離を実現した光データ伝送装置の新製品「DWFシリーズ」の発売を発表した(ニュースリリース)。

昨今のECサイトの増加に伴い,物流業界の市場は拡大し,立体倉庫などの規模は従来に比べ大きくなり自動化も進んでいる。

同社では,従来から光データ伝送装置を物流業界に投入していたが,倉庫の拡充に伴った長距離タイプの要望に応えるため,今回発売するシリーズでは従来機種の伝送距離100mから200mへの長距離化を実現したとしている。

このシリーズは,100Mb/sイーサネット通信を光に変換し空間伝送することで移動体との無線通信が可能。伝送距離は200mと従来に比べ2倍に伸び,大型の立体倉庫や液晶搬送といった物流搬送装置にも適しているという。

また,可視レーザー光による光軸調整機構をオプションで用意したことで設置時の光軸調整作業を容易にできる仕組みを実現。このシリーズは2022年春からの出荷開始を予定しているという。

その他関連ニュース

  • ワープスペース,JAXAの高感度光センサーを開発 2024年05月07日
  • 島津,光/音響ハイブリッド水中通信装置を開発 2024年04月17日
  • 公大ら,光の吸収が方向で2倍以上変化する物質発見 2024年01月19日
  • KDDIら,フォトニック結晶レーザーで自由空間通信 2023年10月20日
  • 電磁研ら,ENZ材料における磁気光学効果の増強発見 2023年09月21日
  • SCREENら,総務省外部委託研究の応募テーマに採択 2023年09月13日
  • NTTら,給電能力を有した高速光通信の実証に成功 2023年08月30日
  • エドモンド,偏波保持ファイバーパッチコードを発売 2023年07月26日