カシオとJAXA,月面開発に向け可視光通信を実験

カシオ計算機と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は,宇宙探査における研究テーマとして,カシオ独自の「カメラ可視光通信」を使った高精度位置測位システム「picalico(ピカリコ)」による測位実験を,11月29日~12月3日にかけてサーティーフォー相模原球場(神奈川県相模原市)にて実施している(ニュースリリース)。

カシオは,LED灯の発光色を変化させて信号を送信する独自の「カメラ可視光通信」を使い,主に工場の自動搬送機や台車,倉庫のフォークリフトなど作業動線の分析や所在管理に活用できる高精度の位置測位システムとして「picalico」を開発し,2019年3月より提供を開始している。

「picalico」は,LED灯の発光色を変化させて,信号を送信する可視光通信技術。信号は,3色(赤・緑・青)の発光色を24回または12回切り替える色変化のパターンで構成され,そのパターンがひとつのID情報となる。

フォークリフトなどの現在位置を測位するには,車体に搭載したカメラで天井や壁に設置した複数のLED灯を撮影し,ID情報を受信。それぞれのID情報に紐づけられた座標をもとに,現在位置を算出する。

なお,信号として送信する色変化のパターンは1,062,882通りの組み合わせができるほか,カメラ1台で最大100個の信号を同時に受信することが可能だという。

一方でJAXAは,2030年代以降,月面にインフラを構築し,持続的な探査を目指す構想を掲げている。当面は月に衛星測位システム(GNSS)がないことを想定し,カメラとLED灯を使って月面を移動する月面探査車等の位置を正確に把握する技術の研究テーマとして,「picalico」を活用した共同研究を実施している。

今回の実験では,野球場を月のクレーターに,フィールドを移動するトラクターを月面探査車に見立てて行なう。産業用カメラをトラクターに設置し,観客席に設置した複数のLED灯から送信する可視光通信の信号を捉えて,それらから算出する位置情報データの精度を確認する。

研究グループはこの実験について,広大かつ特徴が少ない月面上では,無人/有人の移動車が自己の位置を把握しながら移動することは,資源探査や基地建設などのあらゆる活動において有効だとして,成果に期待を寄せている。

その他関連ニュース

  • 東大,急に明るくなり高輝度で輝く超新星の謎解明 2022年01月19日
  • 東大ら,星のゆりかごに多数の浮遊惑星を発見 2021年12月23日
  • 東大,天の川銀河の外縁部に予想外の構造を発見 2021年12月17日
  • 東大ら,Ia型超新星の爆発直後の閃光を捕捉 2021年12月09日
  • 東大ら,物質優勢宇宙を重力波で解明可能と指摘 2021年12月09日
  • 理研ら,X線偏光観測衛星を打ち上げ 2021年12月09日
  • 東大ら,氷表面の異常に低い赤外光吸収効率を解明 2021年12月07日
  • 東大ら,太陽系近くに低日射の小型系外惑星を発見 2021年12月07日