三菱,テレビ事業を縮小

三菱電機は11月1日,市場環境やニーズの急激な変化に伴い,製品競争力の維持が困難な状況となったとして,液晶テレビ事業を縮小すると発表した(ニュースリリース)。

同社は今後,液晶テレビ事業に係わる経営資源を同社の重点成長事業である空調冷熱システム事業やその他の家庭電器事業などへシフトする。また,液晶テレビ事業を担当している京都製作所については,組織改編を検討しているという。

子の縮小により,家電量販店向けなどの製品の出荷を2021年9月に終了する一方,同社製品を中心に販売している地域家電店「三菱電機ストア」向けの自社ブランド品の出荷は,2024年3月まで継続するという。その後については今後検討する。

その他関連ニュース

  • 住友化学,高分子有機EL発光材料の事業化を加速 2021年03月01日
  • NHK,HD解像度の3D表示システムを開発 2020年04月06日
  • コーニング,PCや8Kテレビ向けガラス基板を発表 2019年05月16日
  • シャープ,米市場でテレビ事業に再参入 2019年05月09日
  • 2018年TV世界出荷数,W杯で2億2100万台に 2019年04月01日
  • IHS,2018年FPD市場と中国動向について報告 2018年07月25日
  • 東芝,テレビ事業を譲渡 2017年11月21日
  • 国立科学博物館,2017年度未来技術遺産を発表 2017年09月06日