ニコン,半導体デバイス用ArF液浸スキャナー開発

ニコンは,高い重ね合わせ精度と高スループットを実現し,最先端の半導体デバイス製造に対応するArF液浸スキャナー「NSR-S636E」の開発を進め,2023年の発売を予定している(ニュースリリース)。

DX(デジタルトランスフォーメーション)が加速する中,より大容量のデータをいっそう高速に処理・通信するニーズが増加している。これには高性能な半導体が必要不可欠であるため,回路パターンの微細化と半導体デバイス構造の三次元化という両輪による技術革新が進んでいる。

この製品は,改良した高機能アライメントステーション「inline Alignment Station(iAS)」を搭載し,多点アライメントによる計測と高次補正によって,半導体デバイス構造の三次元化に必要な高い重ね合わせ精度と高生産性の両立を目指しており,ロジック半導体やメモリー半導体,CMOSイメージセンサーなど最先端の半導体デバイス製造に対応する予定だとしている。

同社は,今後も最先端の半導体デバイス製造に欠かせない露光装置を提供することによってユーザーのニーズに応えるとしている。

その他関連ニュース

  • 阪大ら,電気特性と3D構造が可変な木材半導体創出 2022年04月28日
  • 京産大,半導体中の未知の超微細場のゆらぎを発見 2022年04月20日
  • 東北大,原子1個の細さの半導体ヘテロ接合に成功 2022年04月12日
  • ニコン,8G対応FPD露光装置を発売 2022年04月05日
  • 京大,低消費電力集積回路の350℃での動作を実証 2022年03月28日
  • 京大ら,半導体微細加工に資する新規高分子を設計 2022年02月24日
  • 東工大,高性能で低環境負荷のp型半導体を実現 2022年02月01日
  • 北大,水と光で作製した半導体界面の電子構造解明 2022年01月14日