ソニーCSLら,ISSと地上局で光ダウンリンク確立

ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)とノルウェーの衛星関連サービス会社,コングスベルグ・サテライト・サービシズ(KSAT)は,国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟に設置した小型光通信実験装置「SOLISS」(Small Optical Link for International Space Station)と,ギリシャに設置された世界初の商用光地上局までの光ダウンリンク確立に成功した(ニュースリリース)。

SOLISSは宇宙航空研究開発機構(JAXA)とソニーCSLが軌道上技術実証のために共同開発した,長距離空間大容量データ通信を目的とする小型衛星光通信システム。光通信部にはソニーグループの光ディスク技術が使用されている。

今回SOLISSと通信を行なったギリシャの光地上局は,KSATが運営する世界初の商用かつOptical Nucleus Networkの光地上局。Optical Nucleus NetworkはKSATが他の宇宙・産業機関と連携して構築した独自のネットワークで,宇宙での光通信サービスを提供するための光地上局ネットワークの構築を目的としている。

なお,通信形式には宇宙データシステム諮問委員会(CCSDS)の推奨規格(141.0-B-1 + pink sheets for O3K)が使用された。

今回の成果についてソニーCSLは,宇宙光通信の商業化に向けた重要なマイルストーンであるとしている。

その他関連ニュース

  • 東大ら,X線バースト天体の不安定Mg燃焼を解明 2021年10月21日
  • NECとシスコ,北欧5Gのサプライヤーに選定 2021年10月21日
  • NECら,マルチコア海底ケーブルを開発 2021年10月04日
  • エイブリックら,オーロラ観測用紫外線カメラ開発 2021年09月30日
  • NINSら,1年が1日以下の地球型惑星を小恒星で発見 2021年09月28日
  • 東北大ら,ガンマ線とニュートリノの発生源に新説 2021年09月27日
  • 慶大,POFで53Gb/sエラーフリー伝送に成功 2021年09月27日
  • 香川大ら,6G用光ネットワーク技術の開発に着手 2021年09月07日