タムロンら,広角撮影が可能な眼底カメラを開発

タムロンと奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)は,広角撮影が可能な眼底カメラを開発したと発表した(ニュースリリース)。

現在,日本人の主な失明原因は,緑内障,網膜色素変性症,糖尿病網膜症となっている。これら疾病による失明を防ぐには早期発見が重要であり,定期的な眼底撮影検査が有効な手段となっている。

現在,健康診断で用いられている普及型の眼底カメラは視野角が60度程度であり,眼底の一部しか検査できていない。もっと広い視野角で眼底を撮影し検査することができれば、疾病を早期に見つけることが出来る確率を大幅に改善できる可能性がある。

タムロンでは,眼底カメラ用に超広角のレンズを専用設計・試作し,この超広角レンズをNAISTに提供。NAISTで開発された近赤外光を利用した眼底カメラに組み込んだ。

そして,この新しい眼底カメラにより超広角の眼底撮影に成功し,その撮影の視野角は約180度であることを確認した。今回開発した技術により,瞳孔を拡げるための散瞳剤(点眼薬)を使用することなく,広範囲の眼底像を取得することが可能になるという。

今回の成果は,大きく二つの新開発の技術により実現されたとする。タムロンで試作した超広角レンズは,瞳孔を通して広範囲な眼底を撮影するため,高度なレンズ設計技術が活用された。

NAISTで開発された近赤外光の照明技術は,瞳孔から近赤外光を眼底の広い領域に安定的に照射するため,さまざまな新規技術を取り入れて開発された。これら二つの技術を上手く組み合わせることによって,超広角の眼底撮影を実現したとする。

タムロンではこのレンズについて,医学部との連携により医学的な価値を確認した後に,既存の眼底カメラメーカーと協業して製品化を目指す。また,NAISTでは,今回,超広角化に併せて開発したカラー化画像取得対応の近赤外照明システム技術も盛り込んで,従来研究・開発を行なっている自撮り可能な在宅ヘルスケア向け眼底カメラのさらなる小型化,高性能化を継続していくとしている。

その他関連ニュース

  • 岩手大,室内光で応答する光受容タンパク質を開発 2021年10月15日
  • NIMS,ヒトの様に錯覚する人工視覚素子を開発 2021年10月12日
  • 市大ら,ヤツメウナギの松果体色感覚を解明 2021年09月16日
  • 京大,OCTAが緑内障手術の効果予測に有効と発見 2021年09月09日
  • 医科歯科大ら,糖尿病網膜症を青色レーザーで検出 2021年09月07日
  • OKI,車載カメラのフォギング試験サービスを開始 2021年08月31日
  • 岡山大,光電変換色素に細胞死抑制効果を発見 2021年08月31日
  • 東大ら,網膜層厚から緑内障視野を予測 2021年08月18日