古河電工,6912心光ケーブルと多心融着接続機開発

古河電気工業は,細径16心ローラブルリボンを実装した細径超多心6912心光ファイバケーブルならびに多心融着接続機「S124M16」および関連工具を開発した(ニュースリリース)。

データトラフィックの急激な増大に伴い,データセンタでは従来以上に早急な光ファイバネットワークの大容量化が求められている。同社が2018年3月に製品化した6912心ケーブルにより,従来の864心ケーブルを置き換えることで通信容量を8倍に拡大することが可能になったが,一方で超多心ケーブルは融着作業時間が長くなるという課題があった。

今回,直径200µmの細径光ファイバ16本を間欠的に接着させたローラブルリボンを用いることで6912心光ケーブルを開発した。さらに,200µm16心ローラブルリボンを融着接続するために最適化した多心光ファイバ融着接続機と関連工具を同時に開発したことで,従来の12心ローラブルリボンと比べてケーブル1本あたりの融着作業時間を25%削減することが可能になったとしている。

その他関連ニュース

  • 九大,Beyond5Gに向けた超高速光データ伝送を加速 2024年07月17日
  • 古河電工,超低消費電力ラマン増幅器用励起光源開発 2024年07月03日
  • NEC,5G/6G向け光ファイバ無線システムを開発 2024年06月20日
  • 東工大ら,サブテラヘルツ帯CMOS ICで640Gb/s伝送 2024年06月19日
  • SB,独自アンテナで走行車にテラヘルツ通信 2024年06月05日
  • 富士通,IOWN向け光伝送ソリューションの提供開始 2024年05月28日
  • NTT,光と無線のリアルタイム連携制御を実証 2024年05月16日
  • 京大,サブテラヘルツ帯電波伝搬シミュレータを開発 2024年05月15日