オンセミ,低消費電力1600万画素センサーを発売


オン・セミコンダクターは,CMOSイメージセンサXGSシリーズの新製品「XGS 16000」を発表した(ニュースリリース)。

この製品は1600万画素のセンサ。65fpsでの消費電力が1Wと低消費電力でありながら,29×29mmの標準的な産業用カメラでは最高レベルの解像度を有する。

他のXGS CMOSイメージセンサと共通のアーキテクチャとフットプリントを採用し,カメラメーカーは単一のカメラデザインで解像度の製品を開発できる。フル解像度で最大65fpsのほか,様々なスピードグレードを用意。いずれもBayerカラーまたはモノクロを選択できる。

この高解像度と高フレームレートは,高度道路交通システム,マシンビジョン検査システム,産業用オートメーションのアプリケーションに向いているほか,グローバルシャッタ方式によりモーションブラーやディストーションなどのアーチファクトを回避できるので,自動化,検査,および識別のアプリケーションにも適するという。

東芝テリーは,新製品の16Mp産業用カメラ「DDU1607MG/MC」にこの製品を採用した。このカメラは,DUAL USB3インタフェースという独自技術により,47fps以上で16Mpのモノクロおよびカラーの解像度を実現した。

独自の1:1の正方形アスペクト比で設計されており,カメラレンズの光学円内の画像キャプチャ領域を最大化し,最適な光感度を確保できる。この設計により,市販のCマウントレンズを使用した29mm2の業界標準カメラフォーマットに対応。これにより,カメラの物理的な大きさに対して,視野とセンサ領域を最適に活用できる。

新しいカメラの設計を簡素化するために,開発キットのカラー版およびモノラル版を提供する。このリファレンスデザインのキットには,MIPIインタフェースへの高速変換サンプルが付属しており,一般的なFPGA評価環境に迅速に統合できるとしている。

その他関連ニュース

  • ソニー,イベントベース方式の画像センサーを発売 2021年09月14日
  • FLIR,16MP GigEカメラを発売 2021年09月13日
  • ソニー,LiDAR向け積層型SPAD距離センサー発表 2021年09月07日
  • 浜ホト,演算機能内蔵型プロファイルセンサー発売 2021年09月02日
  • 三次元画像処理システム市場,2025年は3914億円 2021年08月31日
  • IDS,AI搭載3Dカメラを発売 2021年08月16日
  • IDS,新センサー搭載の産業用カメラを発売 2021年07月06日
  • ソニー,単露光でダイナミックレンジ8倍のセンサ 2021年07月01日