ニコン,レーザー微細加工技術でシャープと協業

ニコンとシャープは,バイオミメティクス(生物模倣)の技術実装に関する共同開発契約を締結した(ニュースリリース)。

この契約により,シャープがさまざまな家電に搭載する「ネイチャーテクノロジー」の知見と,ニコンが持つ超精密な微細加工技術を組み合わせることができ,防汚性や撥水性,抵抗低減などの新たな性能を持つ表面形状のパーツを生み出すことで,多様な製品への機能付与を目指す。

シャープは,生物の模倣を通じて獲得したバイオミメティクス技術を「ネイチャーテクノロジー」と称して2008年より研究開発を進め,暮らしにも環境にもやさしい家電製品群に応用してきた。

「ネイチャーテクノロジー」はエアコンの室外機や空気清浄機など,すでに10カテゴリー以上の製品のパーツに用いられ,基本性能の向上や消費電力の削減などに効果を発揮しているという。

ニコンは,中期経営計画で注力する成長領域の一つとして掲げる「材料加工事業」において,リブレット加工での事業展開を目指し,さまざまな検討や企業との提携などを進めている。

リブレット加工は,バイオミメティクスの考え方を取り入れたもので,レーザーと微細加工技術を組み合わせ,流体と接触する面にサメの肌を模した形状を形成する加工。これにより,液体や気体の不規則な流れによる摩擦抵抗を低減し,さまざまな産業機器のエネルギー効率を向上させることが可能だとする。

両社が実施した共同実験において,エアコン室外機のプロペラファンにリブレット加工を施すことで,一定の省エネルギー効果が得られることを確認したという。両社は今後,バイオミメティクス技術の2023年度中の実用化を目指し,共同開発を続けるとしている。

その他関連ニュース

  • NEDO,高効率・高品質レーザー加工技術開発に着手 2024年04月05日
  • 東北大,レーザー微細加工の分解能を飛躍的に向上 2024年03月12日
  • 伊藤忠とBLF,戦略的業務提携契約を締結 2024年03月11日
  • 理研,超短パルスレーザーとエッチングで微細貫通穴作製 2024年01月12日
  • ウシオとAMAT,サブミクロン配線向けDLTを開発
    ウシオとAMAT,サブミクロン配線向けDLTを開発 2023年12月13日
  • オリンパスとソニー,医療分野に関する協業を強化 2023年12月11日
  • 東大ら,ひずみが測れる光センサーシートを開発 2023年10月13日
  • 島根大ら,生体の視覚機能を模倣した撮像技術を開発 2023年09月27日