SGEIS,「脱炭素と省エネビジネス研究会勉強会」開催

地球環境と産業化研究会(SGEIS)は8月18日,ZOOMオンライン形態において第8回「脱炭素と省エネビジネス」研究会勉強会を開催する。

SGEISは,「環境先進地」の実現に向け,地球温暖化防止や省エネ推進活動支援など環境・エネルギー問題の課題解決を図る事業の企画・実施に関与することを目的に活動を行なっている。

具体的には環境・エネルギー関連の多様な分野の企業や専門家の会員に加えて,地域の取組に積極的な一般市民で構成し,情報・技術・製品などを相互活用し,地方自治体とも連携して,質の高いソリューションの創出が期待できる交流の場を提供している。

今回開催する研究会勉強会は “人工光合成” がテーマ。その研究の進展と今後の展望について,大阪市立大学・人工光合成研究センター所長で教授の天尾豊氏が講演する。

人工光合成は水を太陽光で分解し水素を得ること,二酸化炭素と水素から有機化合物を作り出すことができ,カーボンニュートラル実現に向け重要な技術として期待が大きい。

研究会勉強会は15時からスタート。参加費は1,000円,定員は先着20名となっている。申し込みはSGEISのwebsite(https://onl.tw/TWXkn33)を参照,またはSGEIS事務局(http://info.sgeis@gmail.com)まで。

その他関連ニュース

  • 阪大,変換効率1%で水とO2からH2O2を作る光触媒 2021年07月26日
  • 北大,植物を超える光吸収と光電流の発生に成功 2021年06月23日
  • 名工大,光触媒材料SrTiO3内部の物理を解明 2021年06月18日
  • 中大ら,光触媒水分解の電荷輸送過程を可視化 2021年06月18日
  • 新潟大,世界最小のエネルギーで水を電解 2021年05月31日
  • 京大ら,水分解用光触媒の可視光利用材料を開発 2021年05月28日
  • 九工大ら,水と酸素で過酸化水素を生成する光触媒 2021年05月25日
  • 東大,人工光合成に適した電子状態観測法を開発 2021年05月12日