AGCのガラススクリーン,タクシーでの広告に採用

AGCは,同社のガラス製透明スクリーン「Glascene(グラシーン)」が,ニューステクノロジーとS.RIDEが今年6月より開始予定のタクシー車窓モビリティサイネージサービス「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」に採用されたと発表した(ニュースリリース)。

「Glascene」は,特殊なスクリーンフィルムを,2枚のガラスで挟み込んだ合わせガラス構造。これまで主に商業施設や店舗,ショールームの窓ガラスとして映像演出用途に採用されている。

プロジェクターと組み合わせて映像を投影できるガラス製透明スクリーンで,ヘイズ(曇り度)と透過性が高いレベルでバランスしており,映像をプロジェクター側から見るタイプ(フロントタイプ)と,プロジェクターの反対側から見るタイプ(リアタイプ)を揃え,適用シーン・周囲環境に応じて選べる。

今回採用される「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」では,タクシーの空車時間を活用し,サイドガラスに広告を投影することで,自動車用窓ガラスを新たな情報発信源として利用する。自動車用窓ガラスとして求められる安全性・耐久性を確保しながら,高コントラストな広告を投影することが可能だという。

これは,「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH」を運営するニューステクノロジーとタクシー配車アプリ「S.RIDE」を運営するソニーグループのS.RIDEが,「東京に新たなギャラリーを。」をコンセプトに,東京都内を走行するタクシー車両の空車時間を活用してサイドガラスに広告を映し出すタクシー車窓モビリティサイネージサービス。サービス開始は2021年6月予定している。

その他関連ニュース

  • コーニングのHUD用車載ガラス,現代が採用 2021年09月30日
  • CROSSら,人工ガラス膜境界面の接合性を解明 2021年09月22日
  • 東大ら,ガラスのミクロな構造起源を解明 2021年09月06日
  • 静岡大ら,「まぶしい」ときの脳活動の過程を解明 2021年08月17日
  • JAMSTEC,化学強化ガラスの破壊過程を再現 2021年08月05日
  • 東北大ら,金属ガラスの遷移にデカップリング観測 2021年06月23日
  • 国連,2022年を「国際ガラス年」と宣言 2021年06月21日
  • 2030年車載ECU市場,19年比75%増の15兆5,819億円 2021年06月21日