ソニー,直視型LEDディスプレーの新機種を発売

ソニーは,直視型マイクロLEDディスプレー「Crystal(クリスタル) LED Cシリーズ」と「Bシリーズ」を2021年夏に発売する(ニュースリリース)。オープン価格。

Cシリーズは1,000,000:1の高コントラストを実現し,豊かな階調表現が特長。オフィスエントランスやロビー,ショールーム,博物館・美術館などでの使用に適しているという。

Bシリーズは1,800cd/m2の高輝度とディープブラックコーティングにより,明るい場所でも反射を抑え,広色域を維持しながら高輝度な映像を映し出す。外光の反射を抑えた表面処理により,特にバーチャルプロダクションや放送局スタジオ,撮影現場の背景など映像制作用途に適している。このシリーズはクリエイターのニーズを反映して開発した。

両シリーズとも,広色域と広視野角を兼ね備えており,設置場所によらず美しい映像が見られる。加えて,HDR、HFR(120fps),3Dなど幅広い入力信号に対応している。

この製品はキャビネットを組み上げて大画面を構築する。Cシリーズ,Bシリーズ共に1.26mm/1.58mmのLEDピッチサイズを用意し,使用用途や設置場所に合わせて,画面の大きさや縦・横比率を自由に構成できる。また軽量で,ファンレスによる静音設計とバックヤードが不要な省スペース設計のため,壁掛けやカーブした壁面への設置など,様々な環境に対応する。

ピッチサイズ1.26mmのキャビネットの解像度は480×270。ピッチサイズ1.58mmのキャビネットは384×216,サイズは共に約608mm×342mm×76mm。一例として,1.26mmピッチのキャビネット128個で横9.7m×縦2.7m(8K×2K)の大画面ディスプレーが構築できる。キャビネットにはベゼル(縁)がないので,繋げて設置すると一枚の大画面に映し出しているような映像になる。

また,フロントからのアクセスが可能な保守性の高さや低消費電力による長寿命化など,従来製品に比べ導入費用・メンテナンス費用ともに大幅に軽減した。AC100-240V電源対応により,多様な用途にあわせて使えるとしている。

その他関連ニュース

  • 阪大,「レーザー空中サインシステム」を開発 2023年02月01日
  • アルプスアルパインら,タッチパネルをタッチレス化 2023年01月31日
  • ソニー,高精細LEDディスプレーに新機種投入 2023年01月31日
  • 東芝,可視光では透明で赤色発光6倍の蛍光体を開発 2022年12月20日
  • シャープら,Cdフリー量子ドットを電流注入発光 2022年12月12日
  • 車載ディスプレー市場,自動車生産台数を上回る期待 2022年11月22日
  • リコー,有機ELモバイルタッチディスプレーを発売 2022年11月22日
  • 東大,高色純度の青色ペロブスカイトQDを合成 2022年11月10日