ニデックの防塵コーティング研究,JAXAが採択

ニデックは,宇宙航空研究開発機構(JAXA)が実施した「太陽系フロンティア開拓による人類の生存圏・活動領域拡大に向けたオープンイノベーションハブ」に関する研究提案募集に,アイデア型研究として採択されたと発表した(ニュースリリース)。

今回同社がJAXA宇宙探査イノベーションハブの「第6回研究提案募集(RFP)」に応募したテーマは,「持続可能な防塵または除塵性能を有する機構または表面の研究」で,121件の応募研究提案の中から選ばれた34件(アイデア型27件)のうちの1つとなった。

この研究提案は,宇宙空間におけるレゴリス(天体表面の細かい粒子)や砂,ほこりの付着を防止するためのコーティングの開発,および評価方法の実現を目指すもの。

天体表面の探査では,ローバーや探査機の表面や光学センサーなどにレゴリスが付着することで探査に影響を及ぼす懸念がある。そこでこの研究では,同社の光学コーティング技術を基盤としたコーティングを開発することで,持続可能な表面防塵の実現を目指すという。

このコーティングが実用化された場合,探査機等のセンサーや窓材・太陽電池パネル等への利用が検討されており,安定した運用に貢献できることが期待される。また宇宙利用だけでなく,例えばディスプレーや眼鏡等へのほこりの付着,太陽光パネルへの砂の付着を長期間防止する等,日常生活においても問題を解決する新しいコーティングを提供できる可能性があるとしている。

その他関連ニュース

  • ソニーCSLら,ISSと地上局で光ダウンリンク確立 2021年10月12日
  • NINSら,1年が1日以下の地球型惑星を小恒星で発見 2021年09月28日
  • 東北大ら,ガンマ線とニュートリノの発生源に新説 2021年09月27日
  • 阪大,重力マイクロレンズ法で系外惑星を証明 2021年08月30日
  • 東大ら,金星の夜間の大気循環を赤外線観測で解明 2021年07月26日
  • 京大ら,レーザーで結晶の生成を超高速計測 2021年07月15日
  • 京産大ら,新星爆発のリチウム生成量に多様性発見 2021年07月08日
  • NAOJ,AIで暗黒物質の観測データからノイズを除去 2021年07月05日