三菱とスタンレー,車載ランプで業務提携

スタンレー電気と三菱電機は,車載用ランプシステム事業の共同取り組み(開発・設計・製造・販売)に関する業務提携契約の締結について合意したと発表した(ニュースリリース)。

近年,ADASへの対応,そして自動運転社会の実現に向けて,車載用ランプには様々な機能を高次元で融合したシステムが求められている。

両社は,今回の業務提携を通じ,スタンレー電気の強みである〝光学設計技術〟や〝車載用ランプ製造技術〟等と,三菱電機の強みである〝先進制御システム技術〟とを融合させて,従来よりもさらに高い安全性と機能性を有する車載用ランプシステムの実現を目指すという。また,競争力向上により,車載用ランプシステム事業を拡大させるとしている。

今回の提携に伴う契約の概要は以下の通り。
1. 車載用ランプシステム事業の共同取り組み(光源,光学およびランプ本体はスタンレー電気を担当とし,灯火・配光制御ユニットは三菱電機を担当とする)
2. 次世代ランプ制御システムの共同開発(光源,光学およびランプ本体はスタンレー電気を担当とし,灯火・配光制御,車輛制御連携は三菱電機を担当とする)
3. 三菱電機独自の光学技術であるDPM(Direct Projection Module:ダイレクトプロジェクション方式により小型化と光利用効率向上を両立させた光学モジュール)の車載アプリケーション量産開発に関する共同開発

その他関連ニュース

  • 古河電工と日亜化学,青色レーザー加工で長期提携 2021年04月27日
  • エドモンドと独UFI,パートナーシップを締結 2021年03月11日
  • 日機装と前田建設,深紫外LED除菌装置で提携 2021年01月18日
  • CoherentとII-VI,自動車向け溶接で業務提携 2020年12月24日
  • JOLED,中国企業と資本業務提携契約を締結 2020年06月19日
  • ニコン,レーザースキャナーを森精機に供給 2020年06月02日
  • 日本アビオら,感染症向け発熱検知製品の開発開始 2020年03月25日
  • XTIA,4社と資本業務提携し17億円を調達 2020年02月21日