NEC,インドのベンガル湾に海底ケーブルを敷設

NECは,NEC Corporation Indiaを通じて2018年7月に供給契約を締結した,インドのチェンナイとアンダマン・ニコバル諸島を結ぶ大容量光海底ケーブルの建設を完了し,インド国営通信キャリアであるBharat Sanchar Nigam Ltd.に引き渡した(ニュースリリース)。

この光海底ケーブルシステムは,チェンナイからベンガル湾を横断し,アンダマン・ニコバル諸島のポートブレアほか7地点を結び,総延長距離は約2,300km,100Gb/sの最新の光波長多重伝送方式が採用されている。

このケーブルの敷設により,アンダマン・ニコバル諸島の通信環境は飛躍的に向上するとともに,電子政府や電子商取引の推進,教育の電子化など,インド政府によるデジタル・インディア政策にも貢献するとしている。

なお,このケーブルの製造は,日本で唯一,深海8,000mの水圧に耐えられる光海底ケーブルを製造可能なNECの子会社であるOCCが担当した。

その他関連ニュース

  • santecら,Beyond 5G促進事業委託研究に採択 2021年08月04日
  • 古河電工,6912心光ケーブルと多心融着接続機開発 2021年08月04日
  • KDDI研,入力した光信号のSN比を9倍向上 2021年07月27日
  • NICTら,ミリ波無線を簡素化する光・無線技術開発 2021年07月15日
  • PETRA,IC・ファイバー間の3次元光配線を開発 2021年07月05日
  • KDDIら,4コアファイバで7,200kmリアルタイム伝送 2021年06月25日
  • 古河電工,DFBレーザーの生産能力を2倍超に 2021年06月23日
  • NICT,4コアファイバで319Tb/s・3,001km伝送 2021年06月22日