オンセミ,グローバルシャッターセンサーを発表

米オン・セミコンダクターは,グローバルシャッター技術を備えた230万画素CMOSイメージセンサー「AR0234CS」を発表した(ニュースリリース)。

マシンビジョンカメラ,AR/VR/MRヘッドセット,自律走行搬送ロボットおよびバーコードリーダを含むさまざまなアプリケーション向けに設計されているという。

1080pの動画と,最大120fpsで動作するシングルフレームをキャプチャする。業界トップクラスのシャッター効率により,高速シーンでのフレーム間の歪みを最小限に抑え,他のイメージセンサーで生じるモーションアーチファクトを軽減して,鮮明でクリアな画像を生成するとしている。

革新的なピクセルアーキテクチャにより,夜の暗闇から明るい太陽光までの照度条件をサポートするために必要な高ダイナミックレンジを実現。低ノイズと低照度応答性の向上により,コンシューマ,商用,および産業用IoTの広範囲のアプリケーションに適しており,動作温度範囲が拡大しているため,屋外環境の厳しい環境にも対応できる。

その他の機能として,オンチップヒストグラムによるプログラマブル関心領域,自動露出制御および5×5統計エンジン,完全に統合されたストロボ照明制御,水平および垂直ミラーリングと連動した柔軟な「行」および「列」スキップモード,ウィンドウィング,ピクセルビニングが含まれまる。

この製品は,0度または28度のチーフレイアングルと,カラーおよびモノクロのバリエーションで提供されるとしている。

その他関連ニュース

  • オンセミ,8.3MBイメージセンサーを発表 2021年10月07日
  • ソニー,UV対応813万画素CMOSセンサー開発 2021年09月29日
  • Basler,CXP-12対応製品を拡充 2021年09月21日
  • ソニー,イベントベース方式の画像センサーを発売 2021年09月14日
  • FLIR,16MP GigEカメラを発売 2021年09月13日
  • ソニー,LiDAR向け積層型SPAD距離センサー発表 2021年09月07日
  • 浜ホト,演算機能内蔵型プロファイルセンサー発売 2021年09月02日
  • 三次元画像処理システム市場,2025年は3914億円 2021年08月31日