trinamiX,赤外線センサー日本代理店を設置

ドイツの総合化学会社BASFの子会社であるtrinamiX GmbH(トライナミクス)は,日本市場に向けた赤外線センサー事業の技術サポート体制と販売ネットワークを強化する一環として,アイ・アール・システムと赤外線センサーの販売代理店契約を締結したと発表した(ニュースリリース)。

この契約は,trinamiXが開発・製造する赤外線センサー「Hertzstück」(ヘルツシュテュック)を,アイ・アール・システムが日本市場に向けて販売するもの。相互の営業活動を制限しない非独占的な販売代理店の形態とすることで,相互の自由な営業活動による相乗効果を狙う。

なお,trinamiX製赤外線センサー事業については,BASFジャパンにて日本での事業拡大を目指しており,すでに日本の顧客に商品供給を開始しているという。

trinamiXの赤外線センサーは,PbS/PbSe(硫化鉛/セレン化鉛)光導電素子で,波長1~5μmの近赤外線(NIR)の検出が可能。独自の薄膜封止技術により,使用環境中の水分や酸素による品質劣化を極限まで低減する。また,この薄膜封止技術によりベアチップ状態での商品供給も可能となり,センサー素子の大幅な薄型化に加え,電子プリント基板(PCB)への表面実装が可能。

この赤外線センサーは応用として,赤外分光器,ガスセンシング,炎・火花検出,火炎制御,医療機器,およびIoTセンサーシステムなどの様々な産業領域や用途が想定されている。

その他関連ニュース

  • パナ,フォノニック結晶で赤外線センサー感度向上 2021年04月16日
  • 新日本無線,反射型センサーのサンプル配布を開始 2021年03月16日
  • 三菱,広角・高精細赤外線センサーを発売 2021年03月16日
  • Micro-Epsilon Japan,OPTOCRAFTの国内総代理店に 2020年09月10日
  • 東大,赤外線でマウスの運動を自動測定 2020年03月03日
  • AKM,赤外線ガスセンサー3製品を発売 2020年02月21日
  • NTTコムウェアら,赤外線センサーとIoTで混雑予測 2019年09月18日
  • NIMS,高波長分解能/指向性の赤外線センサーを開発 2019年08月27日