古河電工,6912心光ケーブルを小径敷設

古河電気工業は,世界最高水準のコア密度(10.5コア/mm2)を有する細径超多心6912心光ファイバーケーブルについて,既設のデータセンターで広く使用されている内径1.25インチ(約32mm)の小径ダクトへの敷設に成功した(ニュースリリース)。

データトラフィックの急激な増大に伴い,データセンターでは従来以上に光ファイバーネットワークの大容量化が即座に求められている。例えば従来型864心光ファイバケーブルから最新の6912心光ファイバケーブルに置き換えることで通信容量を8倍に拡大できる。

しかし,ケーブルを通すダクトの外径制限によっては,ダクト設備全体を置き換える大掛かりな土木工事が必要となる場合があり,改修費と工期の負担が大きいという課題があった。

今回,既設のデータセンタで広く使用されている内径1.25インチ(約32mm)のダクト200m(90度カーブ3ヶ所)に外径29mmの同社製6912心光ケーブル(通常推奨ダクトサイズ:内径1.5インチ)を最大張力38kgfで挿通できることを確認した。実際に北米のデータセンターにおいて最大長430mの敷設に成功したという。

従来の業界標準では厳しいとされていた環境だったが,顧客と合意の上で新たな治具や作業手順のもと,劣化や損傷のないダクトへの挿通を実現した。同社では今後,専用の治具や工法のトレーニングもあわせてデータセンター工事事業者に提供していくとしている。

その他関連ニュース

  • 古河電工,広帯域用Micro-ITLAと対応LDを開発 2021年06月15日
  • 香川大,MCF用低損失コア選択スイッチを実証 2021年06月09日
  • 産総研,1.25億Gb/s・10万ポート超光スイッチ実証 2021年06月04日
  • 東大ら,PONのリソース管理制御自動化に成功 2021年05月31日
  • OKI,PONの通信リソース最適化技術の実証に成功 2021年05月27日
  • 阪大ら,小型テラヘルツ合分波器を開発 2021年04月30日
  • NTT,100Gb/s仮想ネットワーク監視システム開発 2021年04月14日
  • KDDIら,「Beyond 5G/6G」のコンセプトを公開 2021年03月31日