電気硝子,折畳ディスプレー用強化ガラス発売

日本電気硝子は,フォルダブル(折畳)ディスプレーのカバーガラス用に世界最薄となる薄さ25μm(0.025mm)の化学強化専用ガラス「Dinorex UTG」の開発に成功した(ニュースリリース)。

同社は,スマートフォンやタブレットなどの携帯端末のカバーガラスをはじめ,車載ディスプレーなどのディスプレー画面を傷や衝撃から保護するために開発された化学強化専用ガラス「Dinorex」を生産・供給してきたが,今回,フォルダブルディスプレーにも対応できる非常に薄い新製品をラインアップに加えた。

この製品は,同社のディスプレー用薄板ガラスの製造で培ったオーバーフロー技術によって成形され,高い表面平滑性と板厚の均一性により,直径3mm(R1.5)の折り曲げが可能。カバーガラスに使用することで,信頼性の高いフォルダブルディスプレイの実現が可能になるという。

これまで,薄い化学強化ガラスを作る場合は,厚い元板からスリミングを行なう必要があったが,この製品は,ガラス成形工程で直接薄い板ガラスを作ることが可能なため,スリミング工程を省くことができ,環境負荷物質の使用削減とコストダウンを実現することができるとしている。

対応板厚は,25,30,40,50,70〜250μm。出荷形態はシートおよびロール梱包となっている。

その他関連ニュース

  • 早大ら,ガラス構造にある規則性の構造抽出に成功 2024年05月15日
  • NIMSら,ガラスセラミックスへの変化を放射光観測 2024年04月19日
  • 東大,ガラスとゲルのエージング現象の違いを解明 2024年04月16日
  • オハラ,光学ガラスがSLIMの航法カメラに採用 2024年01月23日
  • 理研,超短パルスレーザーとエッチングで微細貫通穴作製 2024年01月12日
  • 筑波大ら,圧力下でのガラス相転移機構を解明 2023年12月11日
  • 東北大ら,不規則なガラス構造に潜む規則性を発見 2023年11月22日
  • 原研ら,シリカガラスの詳細な原子構造を明らかに 2023年11月17日