NTT-AT,小型版光配線切替ロボットを発売

NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は,2019年5月から国内独占販売を行なっている米Wave2Wave Solution Corporation製の光配線切替ロボット「ROME」(Robotic Optical Management Engine)シリーズのラインナップを拡充し,中小規模ネットワーク環境向け小型版装置「ROME mini」の販売を開始した(ニュースリリース)。価格はオープン。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い,企業活動においてもテレワークの普及等,移動頻度を極力抑制する業務形態が浸透していく中で,データセンターやネットワーク開発ラボなどのネットワーク環境における物理配線接続作業においても,遠隔作業を可能とする光配線切替ロボットの注目度が高まっているという。

このシリーズは,人手で行なっていた装置間の光ケーブル配線切替をロボットにより実現することで,リモートでの物理配線接続を可能とするとともに,配線作業の効率化,ヒューマンエラーの回避,セキュリティ性の向上,配線管理の省力化を実現するとしている。

「ROME mini」は,中小規模ネットワーク環境向けに,小型化,コンパクト化,軽量化,低価格化を実現した製品であり,96芯×96芯のクロスコネクト容量を有している。配線接続を行なう本体部,光の入出力を行なうパッチパネル部,および制御機能部(LCU:Logical Control Unit)を一体化したコンパクトな構造で,シリーズ主力製品である「ROME500」に対して約1/3のサイズであり,より効率的なスペース活用が可能となるという。

この製品のサイズは以下のとおり。
・筐体サイズ:482(W)×311(H)×508(D)mm
・搭載時奥行:508mm
・重量:36kg

その他関連ニュース

  • NTT,IOWNを支える光アクセス網構成法を確立 2021年06月21日
  • 古河電工,広帯域用Micro-ITLAと対応LDを開発 2021年06月15日
  • NICTら,ミリ波で映像伝送する見廻りロボを開発 2021年06月09日
  • 香川大,MCF用低損失コア選択スイッチを実証 2021年06月09日
  • 産総研,1.25億Gb/s・10万ポート超光スイッチ実証 2021年06月04日
  • 東大ら,PONのリソース管理制御自動化に成功 2021年05月31日
  • OKI,PONの通信リソース最適化技術の実証に成功 2021年05月27日
  • 阪大ら,小型テラヘルツ合分波器を開発 2021年04月30日