AGCの調光ガラス,トヨタ車に採用

AGCの調光ガラス「WONDERLITE Dx」が,6月17日にトヨタ自動車から発売された新型ハリアーのパノラマルーフに採用された(ニュースリリース)。

この製品は,自動車用外装ガラス向けでは世界最速の瞬時に透過光を制御できるガラスで,量産車に世界で初めて採用された。

この調光ガラスは,2枚のガラスの間に特殊なフィルム(九州ナノテック光学製)を挟み込む合わせガラスの構造になっており,調光モード(不透明な状態)では日差しの眩しさを和らげ,透過モード(クリアな状態)では開放感を楽しめ,365日いつでもパノラマルーフから心地よい光が降り注ぐ車内空間を実現する。

調光ガラスは,2枚のガラスの間に特殊なフィルムを挟み込む合わせガラスの構造になっており,フィルム中には目に見えないほどの小さな液晶粒子が詰まっている。この液晶粒子の分散⇔配向を電圧でコントロールすることで,調光モード⇔透過モードを瞬時に切り替える。なお,どちらのモードの場合でも紫外線を約99%カットするという。

その他関連ニュース

  • ローム,次世代コクピット向けSoC中国企業と協業 2022年07月12日
  • 東北大,感圧塗料などで車の風圧分布を瞬時に推定 2022年06月24日
  • 2035年車載イメージセンサー市場,2,900億円に 2022年06月01日
  • AGCのLow-E調光ガラス,レクサスBEVモデルに採用 2022年05月31日
  • オンセミ,車室内分析ソフト企業と協業 2022年01月07日
  • コーニングのHUD用車載ガラス,現代が採用 2021年09月30日
  • 産総研ら,液晶と高分子で調光ガラスの実用化進展 2021年08月25日
  • 静岡大ら,「まぶしい」ときの脳活動の過程を解明 2021年08月17日