東北大,スピンを用いたメモリチップを試作

東北大学の研究グループは,スピン軌道トルク型磁気トンネル接合(SOT-MTJ)素子とSi-CMOS技術を組み合わせた集積回路技術を用いて,高速なデータの読み書きを可能とするデュアルポート型SOT-MRAMチップを試作し,その動作実証に初めて成功した(ニュースリリース)。

半導体メモリでは,トランジスタの微細化に伴い,待機電力の増大が課題になっており,この問題を解決するために,スピントロニクス技術を使った不揮発性メモリに注目が集まっている。

今回,研究グループは,スピントロニクス技術とCMOS技術の融合により,スピン軌道トルク型磁気トンネル接合(SOT-MTJ)素子を用いた不揮発メモリ(SOT-MRAM)チップの試作・実証に初めて成功した。

また,スピントロニクス技術を用いた不揮発メモリチップとしては初となるデュアルポート動作(読み書き同時処理)の実装に成功し,無磁場環境下における高速動作(60MHz書込み,90MHz読出し)を達成した。

この成果は,研究グループが研究開発したSOT-MRAMセルアレイの高速動作を実現する回路技術と,SOT-MRAMにかかる材料・セル技術とその300mmプロセス集積化・製造技術を融合させるたことで達成されたもの。

この不揮発性メモリ技術は,ICT社会基盤のパラダイムシフトをもたらし,Society5.0を実現するための基盤技術として期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 京大ら,従来の理解を超越するスピン物性を発見 2021年06月14日
  • 名大,ドメインウォール・スキルミオンを観測 2021年06月11日
  • 名大,室温で磁石になる強磁性半導体を発見 2021年06月03日
  • 産総研,300mmウエハーに単結晶記憶素子を集積化 2021年06月02日
  • 東大ら,IGZOでプロセッサに混載可能なメモリ開発 2021年06月02日
  • 理研,スピン軌道相互作用と電子相関の共存を実証 2021年05月27日
  • 東大ら,歪でスピン流をスイッチする物質を発見 2021年05月21日
  • 東北大ら,Wi-Fiで発電するスピントロニクス素子を開発 2021年05月20日