JXTGエネ,ナノインプリント無機光学素子を発売

JXTGエネルギーは,ナノインプリント技術による商品「Nanoable(ナノアブル)」のラインナップのひとつとして,新たに高耐熱拡散板「Nanoable Diffuser(ナノアブル・ディフューザー)」および高耐熱回折光学素子「Nanoable Diffractive Optical Element(ナノアブル・ディフラクティブオプティカルエレメント)」の販売を開始した(ニュースリリース)。

近年,長寿命化や環境負荷低減の利点を有したレーザーやLEDなどの固体光源が急速に普及しており,プロジェクターなどさまざまな用途においても高輝度,高彩度,長寿命の実現が可能となっている。

その固体光源の長所に適合するため,光源周りで使用される光学素子についても,さらなる高耐熱,高耐光,長寿命が必要となり,従来の有機材料製に比べ,より信頼性の高い無機材料製のものが求められている。

新製品は,そのニーズに対応するため,同社が従来から保有しているナノインプリント生産技術・設備を活用して,無機材料のみで構成されている。光学フィルム製造で培った精密塗布のノウハウを活かし,ガラス基板の表面に無機材料を用いてインプリントしている。製品の特長は以下の通り。

「Nanoable Diffuser」(ナノアブル・ディフューザー)
・無機材料のみで構成された,チップサイズの透過性の拡散板
・高い耐熱性,耐光性を有し,従来品と比較して光透過率や拡散形状制御などに優れるため,レーザーなどの光源の利用効率を高めることが可能。
・プロジェクターや車載LiDAR,ヘッドランプ等への活用が見込まれる。

「Nanoable Diffractive Optical Element」(ナノアブル・ディフラクティブオプティカルエレメント)
・無機材料のみで構成された,チップサイズの回折光学素子(DOE)
・従来の無機系DOEで使用されるリソグラフィなどの工程と比較し,大量生産時の製造コストを低減できる。
・急速に普及が予想される3Dセンシング等への活用が見込まれる。

いずれも,要望に応じたカスタマイズが可能で,自社設計のみならず,顧客の設計に合わせた受託加工にも対応するとしている。

その他関連ニュース

  • NTT-AT,高屈折率ナノインプリント樹脂を開発 2021年03月31日
  • 従来のレンズ設計概念を破る – 新機軸の非球面アクロマティックレンズ 2020年12月10日
  • 産総研ら,最高レベルの低反射・防曇性構造体開発 2020年11月24日
  • カツラオプト,超小型チルトモニタを発売 2020年11月19日
  • 理科大ら,大面積モスアイフィルム製造方法を確立 2020年11月06日
  • 東北大,結晶化ガラスで最大の光変調性能を実現 2020年09月08日
  • エドモンド,体温計測向け赤外製品をラインナップ 2020年06月15日
  • 慶大,削加工のみで最高性能の光共振器を製作 2020年06月11日