コーニング,静岡のLCDガラス工場を停止へ

米コーニングインコーポレイティッドは,2020年末までに,静岡にある液晶ディスプレー(LCD)用ガラス基板製造工場(静岡工場)の操業を中止し,現下のディスプレー業界の事業環境に合わせた操業体制に移行する(ニュースリリース)。

今年後半には静岡工場のガラス生産ラインを停止する。同工場で行なっていたLCD用ガラス生産は,コーニングのその他の工場に移管される。

今回の対応は,国内のパネルメーカーの需要が全体比で横ばいまたは減少,また,国外におけるパネルメーカーの需要の増加といった,ディスプレー業界の事業環境の変化によるもの。

同社は,2020年に静岡工場における操業を中止するが,施設の一部については,コーニングディスプレーテクノロジーの物流業務,製造支援,またコーニングテクノロジーセンターが引き続き使用する。

また静岡工場の従業員に対し,堺工場や,ディスプレー事業の製造支援に従事する異動の機会,または,希望退職パッケージを提示するとしている。

その他関連ニュース

  • CROSSら,人工ガラス膜境界面の接合性を解明 2021年09月22日
  • 東大ら,ガラスのミクロな構造起源を解明 2021年09月06日
  • JAMSTEC,化学強化ガラスの破壊過程を再現 2021年08月05日
  • 東北大ら,金属ガラスの遷移にデカップリング観測 2021年06月23日
  • 国連,2022年を「国際ガラス年」と宣言 2021年06月21日
  • JDI,画像診断用ディスプレーを開発 2021年05月18日
  • 東大ら,ガラスのドミノ倒し的結晶化を解明 2021年05月10日
  • 東大ら,超親水性の「ナノすりガラス」を開発 2021年03月30日