コーニング,静岡のLCDガラス工場を停止へ

米コーニングインコーポレイティッドは,2020年末までに,静岡にある液晶ディスプレー(LCD)用ガラス基板製造工場(静岡工場)の操業を中止し,現下のディスプレー業界の事業環境に合わせた操業体制に移行する(ニュースリリース)。

今年後半には静岡工場のガラス生産ラインを停止する。同工場で行なっていたLCD用ガラス生産は,コーニングのその他の工場に移管される。

今回の対応は,国内のパネルメーカーの需要が全体比で横ばいまたは減少,また,国外におけるパネルメーカーの需要の増加といった,ディスプレー業界の事業環境の変化によるもの。

同社は,2020年に静岡工場における操業を中止するが,施設の一部については,コーニングディスプレーテクノロジーの物流業務,製造支援,またコーニングテクノロジーセンターが引き続き使用する。

また静岡工場の従業員に対し,堺工場や,ディスプレー事業の製造支援に従事する異動の機会,または,希望退職パッケージを提示するとしている。

その他関連ニュース

  • 早大ら,ガラス構造にある規則性の構造抽出に成功 2024年05月15日
  • NIMSら,ガラスセラミックスへの変化を放射光観測 2024年04月19日
  • 東大,ガラスとゲルのエージング現象の違いを解明 2024年04月16日
  • オハラ,光学ガラスがSLIMの航法カメラに採用 2024年01月23日
  • 理研,超短パルスレーザーとエッチングで微細貫通穴作製 2024年01月12日
  • 筑波大ら,圧力下でのガラス相転移機構を解明 2023年12月11日
  • 東北大ら,不規則なガラス構造に潜む規則性を発見 2023年11月22日
  • 原研ら,シリカガラスの詳細な原子構造を明らかに 2023年11月17日