富士通,補償技術で科学技術賞開発部門受賞

文部科学省が主催する「令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰」において,富士通は,「大容量光送受信器のための非線形ひずみ補償技術の開発」で科学技術賞の開発部門を受賞した(ニュースリリース)。

科学技術分野の文部科学大臣表彰は,文部科学省が,科学技術に関する研究開発などの中で顕著な成果を収めた者に対し,その功績を讃えることにより,科学技術に携わる者の意欲向上と日本の科学技術の水準向上に寄与することを目的として実施される。

科学技術賞の開発部門は,実際に利活用され,日本の社会経済,国民生活の発展向上などに寄与している画期的な研究開発もしくは発明を行った者を対象としている。今回受賞した「大容量光送受信器のための非線形ひずみ補償技術の開発」の開発概要は以下の通り。

超高速光信号の光ファイバー伝送中に生じる非常に複雑な波形のひずみ(非線形ひずみ)に対して,摂動法と呼ばれる近似解析手法を適用することで波形歪みモデルの演算量を大幅に削減,実用化が困難と考えられていた非線形補償技術の実用化に世界で初めて成功し,1波長あたり100Gb/s以上の超高速光信号の伝送を実現した。

この技術により,通信キャリアなどの基幹通信網において,1本の光ファイバーで伝送可能な伝送容量と伝送距離を増大させ,ネットワークコストの低減が可能となった。

その他関連ニュース

  • 香川大,MCF用低損失コア選択スイッチを実証 2021年06月09日
  • 産総研,1.25億Gb/s・10万ポート超光スイッチ実証 2021年06月04日
  • 東大ら,PONのリソース管理制御自動化に成功 2021年05月31日
  • OKI,PONの通信リソース最適化技術の実証に成功 2021年05月27日
  • エプソン,プロジェクターで内閣総理大臣賞を受賞 2021年05月25日
  • 光協会,「創立40周年記念功労者表彰受賞者」発表 2021年05月11日
  • 阪大ら,小型テラヘルツ合分波器を開発 2021年04月30日
  • 富士フイルム/島津ら,レッドドット・デザイン賞 2021年04月14日