ams,上位スマホ向け環境光センサーを発表


amsジャパンは,ハイエンドスマートフォンカメラに向けた最先端のスペクトル環境光センサー(ALS)「AS7350」を発表した(ニュースリリースのDL)。

スペクトルを再構成して日光,白熱灯,蛍光灯,全タイプのLED,またそれらの組み合わせを含む,あらゆる種類の光源を特定できるとし,あらゆる照明条件下でかつてない精度の自動ホワイトバランスを提供するという。

これにより,色のコントラストが非常に強い環境や光源の質が理想的でない,あるいはばらつきがある状況であっても最高画質を実現できるため,コンシューマー向けデバイスであってもプロフェッショナルレベルの写真撮影が可能になるとしている。

環境光による歪みを補正するために画像の色処理を補正するホワイトバランスは,高度な写真撮影に不可欠な機能であり,高度なホワイトバランス機能がコンシューマー向けデバイスに提供されることで,これまでプロフェッショナル用カメラ市場に限定されていた機能が広く利用できるようになるという。

可視光領域で均等に配置されたチャンネルが8つ,フリッカチャンネル1つ,近赤外線(NIR)チャンネル1つ,クリアチャンネル1つという11チャンネルが,コンパクトな 3.1mm×2.0mm×1.0mmのLGAパッケージにすべて収められており,フリッカチャンネルは50Hz~3kHz(実装によってはそれ以上)の範囲で人工光源のフリッカー周波数を検出するとしている。

その他関連ニュース

  • 京大,1視線でプラズマ中の原子輝線の発光分布推定 2022年09月27日
  • 京大,量子もつれ赤外分光法で広帯域測定を実現 2022年09月27日
  • 産総研ら,反応溶液とガスを分離する分光法を開発 2022年09月16日
  • 阪大,波長で電圧変化する塗布型デバイスを発見 2022年07月06日
  • 島津,原子吸光分光光度計を発売 2022年06月09日
  • 公大ら,レーザー加工を用いた風雨センサーを開発 2022年05月13日
  • NEC通信,3次元物体検知ソフトウェアを開発 2022年04月25日
  • 慶大,グラフェン光源による新赤外分析技術を開発 2022年04月19日